2017/01/10

日本経済新聞 2017年1月9日

170109_s 最初の写真集出版の時に読売新聞の「顔」欄に掲載されたのが20数年前

写真展の紹介などで出た事は何度かあるけど 人として大きく取り上げられたのは 二度目

次が訃報にならなきゃいいけど・・・

新聞に訃報が出るほどの人になりたいとも思う。

| | トラックバック (0)

2017/01/08

マイルス・トーク 内山 繁 × 小川 隆夫

マイルス・デイヴィス写真集「NO PICTURE」発売記念 トーク・イベント
2017.2.7 @お茶の水 diskunion Jazz TOKYO

Diskunion01_2 小川隆夫氏とは1983年の夏に「スイングジャーナル」の派遣カメラマンとしてNYを訪れた時 初めて会って以来 数多くコンビを組んでジャズの現場を取材する仲間になった。

1985年に 西海岸マリブにある ジャズの帝王マイルス・デイヴィスの別荘を訪れた。その数年前にジャズ界に復帰したマイルスを追っていた僕と その時マイルスを初めて直接インタビューする事になった小川氏と同行だった。

以後 コンサート会場はもちろん 楽屋や滞在中のホテル マイルスの自宅に招かれた時も マイルスのいるところ 多くの場と多くの機会に僕たちは一緒だった。

マイルス没後25年 僕にとってはジャズを撮り始めて40年の節目にあたる昨2016年暮 マイルス・デイヴィス写真集「NO PICTURE!」を刊行 その記念として ジャズ・ジャーナリストとして 帝王マイルス・デイヴィスを執筆表現する小川隆夫氏と カメラを介してマイルスの軌跡を追う事ができた僕とのマイルス・トークを公開するイベントを開催していただいた。

マイルスの写真を展示した お茶の水 diskunion Jazz TOKYO には多くのジャズ&マイルス・ファンにお集まりいただいて 時々脱線気味の裏話にも熱心に耳を傾けていただきました。

写真集を購入いただいて サイン攻めにあう滅多に出来ない経験もして 今日だけ主役!今だけ人気者の嬉しい気分も楽しむことができました。ご来場の皆さま ありがとうございました。

小川隆夫氏とまだまだ尽きないマイルス談義の続編は 三軒茶屋の自店 Jazz & Café Gallery "Whisper”にて 2月26日 15:00〜 開催いたします。diskunionに行きそびれた方 話題脱線のスリルをもう一度味わいたい方のご来店をお待ちいたします。また当日は *小川隆夫BANDによるライブの恐怖も体感できる特別企画です、覚悟を決めてお出かけください。

*小川隆夫(g) 平戸祐介(key) 小泉P克人(elb) trio from Selim Slive Elementz

| | トラックバック (0)

2016/12/20

MILES AHEAD と “NO PICTURE”

「MILES AHEAD」上映館とマイルス・デイヴィス写真集 “NO PICTURE”/内山 繁

Ahead No_pictures 東京 TOHOシネマズシャンテ 上映開始 12/23〜
(上映館ビル内の 八重洲ブックセンター日比谷シャンテ店)

名古屋 ミッドランド・シネマ名古屋空港 上映開始 1/7〜
(紀伊國屋書店/名古屋空港店)

以下は上映館売店で購入いただけます。

大阪 大阪ステーションシネマ 上映開始 12/23〜

神戸 シネ・リーブル神戸 上映開始 1/7〜

仙台 チネ・ラヴィータ 上映開始 1/7〜

岡山 シネマクレール丸の内  上映開始 1/14〜

| | トラックバック (0)

MILES TALK with 小川隆夫

マ イ ル ス ・ デ イ ヴ ィ ス 写 真 集
NO PICTURE! /内山 繁

No_picture_talk_s 発売記念 トーク・イベント @diskunion JazzTOKYO

掲載された対談以外に オフ・レコ話 飛び出すかも...

| | トラックバック (0)

2016/12/05

写真集なのに「NO PICTURE!」

マイルス・デイヴィス写真集 「NO PICTURE!」/内山 繁
161205
マイルスの伝記映画「MILES AHEAD」日本公開の話題が上がり始めた頃 ぼくの2冊目のマイルス写真集出版の企画がスタートした。

時間は少ないが せっかくだから映画公開に間に合わせようと言うスタッフ総意のもと デザイン/編集/営業の各エキスパートが総力を挙げて取り組んだ結果 本日メデタク入稿!

ぼくがマイルスと約30回接した10年間のシーンを凝縮した濃厚な写真集が 間もなく12/27日刊行(一部で先行販売)されます。

マイルス没後25年 そしてぼくは今年マイルスの没年齢に達し 写真家歴40年を迎えた

ぼくにとっても大きなマイル・ストーンとなるこの写真集に どうぞご期待ください。

| | トラックバック (0)

2016/10/17

小川隆夫著「MILES SPEAKS」

整形外科医でジャズ・ジャーナリスト:小川隆夫の著書「MILES SPEAKS」が出版される。
161017a
生誕90年 没後25年 "日本で一番帝王に取材した男"が書いた 素顔のマイルスの真実 マイルス・デイヴィスが語ったすべてのこと・・・と帯にある

小川さんがマイルスと接した多くの機会に 嬉しいことにぼくは同席しており

本書では 表紙と巻頭カラー8ページの他 本文中の扉ページなどに30数点の写真を提供させていただいた

小川さんの言葉で綴られたひとつひとつのエピソードが それぞれの写真にまつわる真実とリンクして ぼくにとっては懐かしい想い出としてよみがえってくる もぉ忘れかけていた記憶も思い出させてくれた

ジャズ・ファン マイルス・ファンにとっては これまで描かれることのなかったマイルスの肉声が聞こえて来るようなマイルス体験記・・・"日本で一番帝王に近づいたフォトグラファー"の写真とともにお楽しみください

| | トラックバック (0)

2016/09/27

内山 繁写真展 『ジャズ・ベースの肖像』

内山 繁はこの秋10月に写真家歴40周年を迎える
Bass
二十歳の春 郷里大阪から 大志を抱いて上京して修行に励んでいる頃 ジャズの世界に引きずり込まれた。 詳細は機を見て書かせていただこうと思うが 1975年以来40年 撮りためた写真を 自店の壁面を発表の場として小出しに展示してきました

現在ジャズ・ドラマーばかりを集めた「ジャズ・ドラマーの肖像」展を一旦終了して 10月からは ベース・マン特集をご覧いただきます

旧店舗の開店時から 「マイルス・デイビス写真展」〜ジャズ・ピアニスト〜ギターリスト 新店舗に移ってからはヴォーカリスト/ドラマーと順次開催して 今回はベースマン特集

楽器別シリーズの今後は トランペット/トロンボーン/サックスを加えて総括した大規模な写真展を11月に予定しています。

| | トラックバック (0)

“Whisper”のオリジナル・ワイン

厳選した赤/白2種を “Whisper”のハウス・ワインに採用しました。
160927a
オリジナル・ラベル(おフランス語で気取って言うと「étiquette de vin」)は Whisperの専属デザイナー:TAO Designの自信作

店名の由来になったスタンダード曲:Whisper not の作曲者ベニー・ゴルソンさま直々にいただいた原曲の楽譜を背景に Whisperのシンボル・マークが浮かび上がった いかしたデザインです。

赤は チリ産の カベルネ・ソーヴィニヨン 白は オーストラリア産の シャルドネ です。

お手軽お得なハーフ・ボトルも用意しました 次回ご来店の際は ぜひご賞味ください。

| | トラックバック (0)

2016/09/15

写真展「ジャズ・ベースの肖像」

秋10月 Jazz & Café Gallery "Whisper”は開店4周年、そしてオーナー:内山 繁は写真家人生40周年を迎えます

“Whisper”は店名にGalleryを謳って、主にオーナー内山 繁の作品を展示しています 開店当初は「マイルス・デイビス写真展」その後「ジャズ・ピアノの肖像」「ジャズ・ギターの肖像」展 新店舗に移ってからは「ジャズ・シンガーの肖像」「ジャズ・ドラムの肖像」 大きな節目となる10月からは「ジャズ・ベースの肖像」展を開催予定です
000174
そこで困った・・・ベースマンの人選に苦慮しております

今のところ自分セレクト的ベスト10は

Ray Brown
Ron Carter
George Duvivier
Eddie Gomez
Charlie Haden
Milt Hinton
Chales Mingus
Jaco Pastorius
Gary Peacock
Niels Pedersen

ポール・チェンバースがいないじゃないの!? スコット・ラファロはどぉした!? エスペランサは?とご指摘のあなた するどいご意見ありがとうございます・・・撮ってません

チンさんオマさんゴンさんイナバさんはどこ行った?オサムちゃんは?とお嘆きのあなた・・・日本人は入れないことにしました・・・人種差別です すいません

で、写真展では10数名のベースマンを並べる予定です 予算的に展示スペース的にあと数名 上のリストから漏れているベースマンで ○○はゼヒ入れて欲しい △△外しちゃまずいでしょ といったリクエストにお応えしようと思います

あなたの好きなベーシスト 教えて〜♪

| | トラックバック (0)

2016/07/29

R.I.P. パコ・デ・ルシア/灼熱のギタリスト

160729b フラメンコの伝統から飛び出し ジャンルを超えて自己の音楽性を貫いたギタリストの 音楽探究の生涯を綴ったドキュメンタリー映画

栄光だけでなく 光と影の狭間に織りなされる言葉が深く心にしみた

160729a 写真は1981年夏 ライブ・アンダー・ザ・スカイ <パコ・デ・ルシア・ナイト>

パコのソロパートの後 2ギターのデュオ〜サックスを加えたトリオ演奏〜ベース パーカッションを加えた7人編成で披露されたフラメンコの真髄に7000人の観客が沸いた 田園コロシアムのステージ

パコと初の顔合わせとなるチック・コリアが登場してピアノ+ギターDuo そしてチックとフルメンバーで降りしきる雨をものともしないスパニッシュ・フュージョンの熱い世界が繰り広げられた一夜は今でも忘れられない

| | トラックバック (0)

«≪ BON Photo Session ≫ @Whisper