2022/10/11

PeeWee 伝説の司会者!?

’Instagram’とFBグループ“Jazz Photographers”に 当日が誕生日にあたるジャズ・ミュージシャンの写真をほぼ毎日投稿してます。が、今回はミュージシャンじゃなく特別な人物をアップしたのでこちらからもお知らせ!

ジャズ・ファンなら絶対 この人の声を何度も聴いたことがあるはず。アート・ブレイキーのアルバム<A Night at Birdland>で最初に聞こえる 愛嬌のある甲高い声の司会者が 伝説のこの人:Pee Wee Marquette(ピーウィー・マーケット)

1940年代にオープン 豪華で格調高い“世界のジャズ・コーナーとして 多くのライブ・レコードのステージとしても知られるバードランドは ‘50年代に全盛期を迎えたけど 残念ながら ‘60年代にクローズ

今はカサブランカってバーに変わった ブロードウェイ52丁目の同じ場所で ドアマンをしているPeeWeeに1983年の夏に遭遇した
2832g3_19830715
チップを渡さないと出演者の名前をコールしなかったりワザと間違えて呼んだという意地悪PeeWeeに チップをはずむと昔の自慢話を得意げに聞かせてくれた

これは検索しても情報や画像なども少ないPeeWeeの珍しい写真

Jazzの写真が気になる人はこちらへど〜ぞ!
https://www.instagram.com/whisper.not/

| | コメント (0)

2022/08/18

Beach Boys とブライアンとジャコ

映画「ブライアン・ウイルソン/約束の旅路」を観た

220818cジャズ専だと思われてるから 意外かも知れないけど BeachBoysを撮った事がある 1983年 @マンハッタンのハドソン川ピア84(イントレピットの隣り)の野外ステージ それはデニスが不慮の事故で亡くなる数ヶ月前の夏だった。

もうひとつは ブライアンが復活して企画された ペット・サウンズ再現の日本ツアー2002年 伝説的なThe American Band:Beach Boys と カリスマ的天才:ブライアンを間近に見て聴き 撮ることができた事は何より幸運だった。

220818b 220818a
余談ながら ’83年のピア・コンサートの会場でジャコに会った 後ろから僕の肩を叩いた笑顔のジャコが久々の再会を喜んで 飲みかけの缶ビールをくれた よれよれで泥んこのジャコだった 余談のほうも僕にとっては嬉しくもちょっと悲しい大切な記憶

| | コメント (0)

2022/07/23

京間?江戸間?団地サイズ?

タタミ一畳サイズのマイルス・プリント
サインを入れたらオーバーラミネートした後 パネル加工に進めます
220722
この作品は来月開催のジャズ・イベント会場に展示予定!
近づいたらお知らせしますね・・・

| | コメント (0)

2022/07/11

Instagram 500post\(^o^)/

誕生日おめでと~の Instagramへの投稿が 500postを超えた \(^o^)/
誕生日にあたるジャズ・ミュージシャン(とその関係者)のポートレイトをほぼ毎日upして2年近くになるから何人かは重複するけど 同じ写真は1枚も無い(はず)
Instagram500s
1975年から撮り始めたフォト・ストックは膨大で 懐かしいショットを見つけたり 天に召された人もだんだん増えて残念だけど 嬉しい記憶はまだまだネタ切れになる心配はなく 僕の気力と体力の続く限り続けていこうと思う・・・ いかしたジャズ・メン達と素晴らしい音楽を思い出すきっかけにしていただけたら幸せ!これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2022/06/05

ジャズ情報誌 “WAY OUT WEST”

“WAY OUT WEST”は ジャズに関わるデザインを手がける藤岡宇央氏が主宰する “JAZGRA”が発行しているジャズ情報誌
220605b
最新号に写真家:ハーマン・レナードの特集記事がある事を知って 是非とも読みたいとお願いしたところ 数冊のバック・ナンバーと いかしたオマケまで付けてお送りいただいた。

ハーマンはジャズ写真に関して 僕が師と仰ぐ米国の写真家 ジャズファンなら必ずどこかで彼の作品に触れているに違いない。1996年に来日した際 何と恵比寿にあった僕のスタジオを訪ねて来てくれて ジャズと写真について楽しく話をした その時 ハーマンは写真家:ユーザフ・カーシュから学んだ 手の表情の重要性が自分の写真に生きていると語り 僕もそれから”手の表情”をかなり意識してシャッターを押すようになった。


220605a 「ハーマンあなたは僕の神だ!」と言う僕に「君はもう神の領域にいるよ!」とふたりで笑い合って お互いの写真集を交換する約束をした嬉しい記憶を思い出させてくれた “WAY OUT WEST”

こんないかしたジャズ情報誌を毎月無料で読めるなんて関西圏のジャズファンはいいなぁ〜

 

| | コメント (0)

2022/03/31

写真集「self WOOCHIE」発売!

5年ぶりに写真集を刊行します。
Woochie-iis 高齢者問題と世界平和を世に問う自撮り写真集「self WOOCHIE」狡談社刊が いよいよ4月1日世界同時発売! 写真家内山繁の醜体をどうぞご堪能下さい。お近くの書店・アゾマン・kinblueでもお求めいただけますが、無修正版をご希望の特殊な方はコメント欄からこっそりお知らせください。

| | コメント (0)

2022/03/10

R.I.P. 鈴木勲

撮り始めたジャズのフィルムがまだたったの10本ぐらいの頃(1975年)貞夫さんのグループにいたオマさんを初めて撮った。
03082022b
以来 何度オマさんにカメラを向けただろうか? この写真は1977年 TBMが主催した “5Days in Jazz”のステージ 懐かしいなぁ・・・ 心からご冥福を祈ります...

| | コメント (0)

2022/03/03

都内散策 思い出巡り

久しぶりにお上りさんして都内散策の巻 懐かしい思い出にカメラを向けてみた2月のある日...
070a2088 Cc04a1_19810228 都会のド真ん中にあるナイアガラの滝 スーパー・デュオ・コンサートのために来日したチック・コリアとゲイリー・バートンが宿泊するホテルニューオータニにふたりを訪ねて日本庭園の滝の前で撮影したのは41年前の2月だった。

070a2101 At01a3_197801xx 赤坂プリンス クラシックハウスは 昔は「赤プリの旧館」と言って穐吉・タバキンさんがお気に入り 帰国来日時に宿泊された折に写真を撮らせていただいたのは44年前の2月... 古い記憶だけど 今も鮮明に蘇る嬉しい冬の思い出をたどってみた

| | コメント (0)

2022/01/27

器用で怪しい...

知人から「針金でジャズ・ミューシャンの造形を作る面白い作家さんに会った」と徳持耕一郎氏のウワサを聞いた......針金で作る造形??? 縁日の屋台で色とりどりの細い針金を束ねてねじって、三輪車や動物や東京タワーを作って子ども相手に商売している器用な怪しいおじさんを想像した。
220127a 220127b
そんなウワサを聞いてから間もなく、ジャズ・ピアニストの菊池ひみこさんから「鳥取で写真展をしませんか?」とのお誘いを受けた。東京で活躍されたひみこさんは、ご主人松本正嗣さんの郷里鳥取市で ジャズをテーマにした音楽文化の向上と地域活性化を目的としたイベント「鳥取 JAZZ」の企画運営の長。ジャズをモチーフに造形を創る作家さんとの二人展はどうかとの提案をこの時いただいた、そのお相手が徳持耕一郎氏だった。

太い細いの鉄筋を切断し、曲げて伸ばして接合して創作される躍動感のあるジャズ・ミュージシャンの造形。他に類を見ない独特の徳持ワールドに僕は引き込まれ、ジャズ好きの僕たち二人はたちまち意気投合した。こうして写真と造形の二人展企画はさっそく実現して、2016年「鳥取 JAZZ」の会期に併せて「JAZZの肖像/JAZZの造形」展を開催したのを皮切りに、翌年は東京都世田谷美術館で同展を、その後も仙台や福岡や各地で「Jazz Meets Art」と題した展覧会をご一緒させていただいた。

そもそも徳持耕一郎氏との出会いは 1990年代に遡る。と言っても、対面したのではなく、僕がジャズ・ミュージシャンの写真を発表していたジャズ専門誌『スイングジャーナル』の寄稿者紹介ページに「写真:内山繁」と、当時は版画やイラストを寄稿されていた「徳持耕一郎」の名前が紙の上で対面していたのだった。

実際にお会いして急速に親交を深めてからまだ数年だけど、既に30年以上も前からそんな大接近があったのもジャズの縁......。 これからもいろんな場面で対面させていただければ幸いです......。表現の世界は違っても、それぞれの位置と角度で。もちろん、ジャズを背景にして。(文:徳持耕一郎作品集『Groove & Swing/線で奏でるJAZZ』に書かせていただいた文章を引用しました)

| | コメント (0)

2022/01/03

1月1日生まれは!?...

昨年始めた”Instagram” 春頃から気合いを入れた 当日が誕生日のミュージシャンの写真を毎日アップ作戦を 今年も頑張って継続します!
01032022
誕生日の人がいなかったり 何人もが同じ誕生日だったりで なかなかすんなりいかないけれど 誕生日くくりにすることで 音楽性や人気度・話題性にとらわれないで 老いも若きも平等だから フィルム・ロッカーの奥に眠ってるミュージシャンも次々と叩き起こしますよ!

写真は1983年 大阪公演のこの日 5月26日がちょうど誕生日にあたっていたマイルスに フェスティバルホールのステージ上でプレゼントされたバースデーケーキ インスタをフォローしてなどいただければ励みに成増! 新年1月1日生まれは”MJQ”のミルト・ジャクソンでした、今年もよろしくお願いいたします。 https://www.instagram.com/whisper.not/

| | コメント (0)

«ジャズ愛を教えていただきました...