2017/08/11

ピーター×ピーター&僕

 ピーター・アースキンには、新メンバー構成のウエザー・リポート来日の時にジャコと同時に初めて会った。自身の音楽人生とウエザー・リポート、そしてジャコとの交友を綴った著書「No Beethoven」からの記述抜粋使用を快諾してくれたピーターは、僕とジャコとの想い出メッセージを本書のために寄せてくれた。

170811c 170811d
 Blues・R&B・ソウル系に精通した音楽キャスターとして知られるピーター・バラカン氏、なかなかどうしてジャズにも造詣が深く豊富な知識と経験談を本書に掲載させていただきました。(ピーターが二人いてややこしい)

バラカン氏とジャコ そして僕はともに1951年生まれの同い年。アースキンは3個下

● ジャコ・パストリアス写真集『JACO』は 9月13日発売
● ジャコ写真展 をお茶の水diskunion JazzTOKYOで(8/11〜10/1)開催中
● ピーター・バラカン(+僕)がジャコを語るジャコ・トーク 9/11に開催します。

diskunion Jazz TOKYO HP
http://diskunion.net/shop/ct/jazz_tokyo

diskunion Jazz TOKYO Twitter
https://twitter.com/JazzTOKYO/status/895879012836229120

diskunion Jazz TOKYO BLOG
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/30438/

| | トラックバック (0)

ピーター・バラカン:ジャコ トーク

ジャコ・パストリアス写真集「JACO」刊行に先行して ジャコ写真展を 御茶ノ水 disk union Jazz TOKYO で(10/1まで)開催中!
01s 会期中の9/11 には 音楽キャスター:ピーター・バラカンが天才ベーシストの音楽と魅力を語るジャコトーク イベントを、僕も乱入して ジャコ体験と実像を紹介します。(入場無料)

バラカン インタビューも掲載された写真集の発売は13日ですが 会場では特別先行発売。ふたりのサイン もちろんオッケ!

● 9月11日 19:00〜 @disk union Jazz TOKYO ご来店お待ちしています。

Twitter
https://twitter.com/JazzTOKYO/status/895879012836229120

BLOG
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/30438/

| | トラックバック (0)

ジャコ展 開催!

ジャコ・パストリアス写真展『JACO』設営完了!

170811bs ジャコ本(ジャコ・パストリアス写真集『JACO』)の刊行(9/13)に先行して、今日(8/11)から、お茶の水 disk union Jazz TOKYO で ジャコ展(ジャコ・パストリアス写真展)を開催します。

Jazz TOKYO エントランスから、2Fフロアに続く階段ギャラリーに、ジャコが新メンバーとして参加したウエザー・リポートの来日時から晩年まで、早逝した天才ベーシストの記録と想い出30数点を展示しています。

会期:8月11日〜10月1日 観覧無料
会場:disk union Jazz TOKYO

Twitter
https://twitter.com/JazzTOKYO/status/895879012836229120

BLOG
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/30438/

| | トラックバック (0)

2017/08/10

ジャコ本 決定!

ジャコ・パストリアス写真集 『JACO』
02 ジャコと僕は同じ1951年の生まれ。ジャコが新メンバーとして加わって来日したウエザー・リポートの日本ツアーを追いかけて以来、同い年でウマが合っていた。

「楽器店に行きたいから一緒に行こう」「ベースを持って行くから、街を歩いて地下鉄に乗って写真を撮ってくれ」とジャコはいつもいたずらっぽく笑った。

今年はジャコの没後30年にあたるのを機に、早逝した天才ベーシストの記録と想い出をまとめておきたいという僕の熱意が、今こうして写真集となり、多くの音楽ファン、ジャコファンにお届けできることは喜びに堪えない。

| | トラックバック (0)

2017/07/11

青木美恵子(vo) レコーディング スタート!

Whisperレーベルの次回作レコーディングがスタートした。

Img_4778
青木美恵子(vo)を囲んで 小杉敏(b) 江藤良人(ds) 中牟礼貞則(g) 竹内直(ts,fl)

Img_4790 Img_4856 Img_4904 Img_4836
サウンド・エンジニアはおなじみフナさん(船本英雄)
Img_4897 Img_4914 ミキシング・ルームから まっすぐな大人のジャズが聞こえてきた・・・仕上がりが楽しみたのしみ♪

| | トラックバック (0)

2017/06/12

Sax World Vol.5

昨2016年から季刊誌としてスタートしたサックス・ワールド誌<シンコー・ミュージック・ムック> 嬉しいことに僕のフォト・ギャラリー“Whisper’s Sax Photo archives”が Vol.4から毎号連載されることになった。

第1回 Vol_4は Gerry Mulligan
1927年ニューヨーク生まれ(1996年没)ジャズ界では少数派のバリトン・サックス奏者で 作編曲家・ピアニストとしても知られる ジェリー・マリガン
この写真は 1982年の夏に斑尾ジャズ・フェスの楽屋で撮った
163s 163s_2 第2回 Vol_5は Phil Woods
1931年11月2日生まれ(2015.9.29没)チャーリー・パーカーの後継者と言われ パーカーの没後 未亡人チャン・パーカーと結婚したビバップ系のアルト奏者
写真は 1989年の東京公演

| | トラックバック (0)

2017/05/22

中平穂積 写真展 “JAZZ GIANTS 1961-2013”

新宿の老舗ジャズ喫茶[DUG]のオーナー・マスター 1961年にアート・ブレイキーの初来日を撮影したジャズ写真家としても高名な中平さん

170520a_2  僕がジャズ・バーをオープンしたのも このダンディーな紳士への憧れが大きかったのだけど・・・開店を相談した時「悪いこと言わないから やめときなさい!」と厳しく否定された忠告に即座に背いて以来 ますます親しくお付き合いいただくようになった

恵比寿にある僕の事務所にほど近いオシャレなバー“TWD GALLERY”での写真展 会期中に訪れた時はピーター・バラカン氏とのジャズ・トークが面白く しっかり作品を見ていなかったから クロージング・パーティーに招かれたのをこれ幸いと行ってきた

インクジェット・プリントに汚された目に 銀塩プリントのコクと深みは格別美味しゅうございました(ワインも)ご馳走さまでした

170520b中平穂積 @TWD GALLERY/Photo by S.Uchiyama
※後ろの作品は 1972年 DUG(旧)を訪れた Anthony Braxton

| | トラックバック (0)

2017/05/21

Selim Slive Elementz ライヴ@晴れ豆

Selim Slive Elementz(セリム・スライヴ・エレメンツ)は ジャズ・ジャーナリストとしてマイルス・デイヴィスと親交の深かった小川隆夫が やはりマイルス・ミュージックを崇める精鋭ミュージシャン達を集めて 2016年12月にライブ・デビューしたスーパー・ジャム・バンド
170518a 170518b  2017年3月 代官山【晴れたら空に豆まいて】でのライブに続いて 5月18日に同会場でライブ・レコーディングが行われた

ライブ会場としては珍しい畳敷きの大広間宴会場的“晴れ豆”の座敷は 小川ファンだかマイルスファンだか どのメンバーのファンだか分からない多人種観客で満席

1985年に米西海岸のマイルスの別荘に同行して以来 マイルス追っかけ仲間としての小川氏にお招きいただいたので 義理でパシャッパシャッと・・・

だって録音スタッフの他にムービーやらスチルやらカメラマンが大勢いたからね

2サックス 2ギター 4リズムのメンバーは
小川 隆夫 – Electric Guitar, Producer
平戸 祐介 (quasimode) – Keyboards, Musical Director
元晴 – Saxophone
栗原 健 (mountain mocha Kilimanjaro) – Saxophone
小泉P克人 – Electric Bass
コスガ ツヨシ (cro-magnon) – Electric Guitar
大竹 重寿 (cro-magnon) – Drums
西岡 ヒデロー (Conguero Tres Hoofers) – Percussion

| | トラックバック (0)

2017/04/01

Whisper シャトル便 運行開始!

東京世田谷のライブ・ハウスJazz & Café Gallery "Whisper"が4月1日から 三軒茶屋〜Whisper店舗間を結ぶシャトル便の運行を開始した。

車輌は 東南アジアで普及している軽便な交通機関トゥクトゥクで ジャズ・ライブ店が採用するのは 都内では初めて。

Img_3694_2
乗車定員は6名 ドライバーは店の人気ママ:ナオちゃんが務める。エンジンは付いてないので、乗客が力を合わせて(トゥクトゥクトゥクトゥク...と声を揃えて)足下のペダルを漕いで進む 究極のエコ・カー。

トゥクトゥク効果で今後の集客に期待すると言うマスターは「料金は無料です。トゥクトゥクだけに得々です ^^; トゥクトゥクだけどトゥ~ク(遠く)へは行けません。」とギャグを連発して舞い上がっている。

| | トラックバック (0)

2017/03/24

線で奏でるジャズ

造形家:徳持耕一郎氏の東京での個展が終了したので、作品数点をJazz & Café Gallery "Whisper”でお預かりすることになった。

徳持作品は白いシンプルな壁の前に展示されることが多いのだけれど Whisperの店内には(トイレ以外に)白っぽい壁面がない。 赤い壁や黒い壁を背景にした作品が どんな風に見えるのか想像が難しいまま置いてみると・・・なかなかいい!
Img_3675sImg_3676sこれらの作品は 4月中旬まで Jazz & Café Gallery "Whisper”にご来店の皆さまにご覧いただけます。

4月18日から東京都世田谷美術館で開催の「JAZZの肖像・JAZZの造形」展には ジャズ・フォトグラファー内山繁によるジャズ・ジャイアンツのライブ・シーンやポートレイトと徳持作品を展示予定。 写真と造形のコラボレィションをお楽しみいただければ幸いです。
170418_seta_s ● ジャズ・フォトグラファー:内山 繁/造形作家:徳持耕一郎
ジャズ・ジャイアンツの写真と ジャズをテーマにした鉄筋造形を展示する ふたりのコラボ展「JAZZの肖像・JAZZの造形」

● 会場:東京都世田谷美術館 区民ギャラリー/入場無料

● 会期:4月18日〜4月23日 10:00〜18:00
(初日は15:00から・最終日は15:00まで)

<内山 繁 1951年 大阪市生まれ>
1975年からスイングジャーナル誌のカメラマンとしてジャズを撮りはじめ、都内のジャズ・クラブの専属、音楽誌や多くの媒体、レコード(CD)ジャケットなどに精力的に作品提供する写真家。2012年にオープンした Jazz & Café Gallery "Whisper”のオーナー。

<徳持 耕一郎 1957年 鳥取市生まれ>
1989年 NYで版画の個展を開催した際 ジャズに魅せられ、ジャズをテーマにスケッチを描き 1993年からジャズ・ミュージシャンをモチーフにした独自の作品を鉄筋で創る造形作家。

| | トラックバック (0)

«発展途上"Whisper"