2018/04/26

#0140 1976年3月25-27日 日本のジャズの屋台骨

この頃 若手ミュージシャンの充実ぶりが著しい・・・ 相次いで結成して話題を集めた2つのグループを追って VAN 99ホールを訪れた

#0140 1976年3月25日 中村誠一(ts,ss)グループ
19760325_0142f5s 19760325_0142f2s 19760325_0142e2s 19760325_0143d6s 大徳俊幸(p) 河上修(el-b) 村上寛(ds)

1976年3月27日 向井滋春(tb)グループ
19760327_0146f1s 19760327_0147f5s 19760327_0148f2s 19760327_0149e5s

19760327_0150e1s高橋知己(ts,ss) 元岡一英(p) 川端民生(b) 古沢良治郎(ds)

ここに登場したメンバーは 変化を続ける日本のジャズシーンの一翼をこの時すでに担っているばかりか それぞれがその後現在に至るジャズ界を支える 柱として力強く前進していく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/25

フランスの伊達男:バルネ

バルネ・ウィラン「French Story」が 特別仕様アナログLP盤、UHQCDで発売 アルバム・ジャケット(表裏)に 僕の作品が採用された・・・内容も音質も素晴らしい!

180418s (以下 宣伝コピーより抜粋)
「死刑台のエレベーター」のサウンド・トラックをマイルスと創った フランスの伊達男”バルネ・ウィランが フランス映画を彩る名曲を マル・ウォルドロンと奏でた名盤

1989年録音。「男と女」「死刑台のエレベーター」「シェルブールの雨傘」他、フランス映画及びフランス関連映画の名曲をチョイス

本作の為に新たに写真を購入しジャケット・アートワークに採用するなど、アーティスティックな写真と共にゴージャスなジャケットが完成!! 内容・ジャケットともにモダン・ジャズファン必須の1枚!!

180418es

180418ds
JaZZ JAPAN Vol.93

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/18

NORIQUE レコーディング速報!

昔むかし “NORIQUE(ノリキュー)”と言うケルト人の王国がありました。現在のオーストリアとドイツ:バイエルン州のドナウ川に接する領域に位置する古代ヨーロッパの歴史です。

美しい女王”NORI”と勇敢な戦士”QUE”がいたかどぉかは知りませんが・・・古代ローマの人々からは 住人の気質は勇敢で好戦的だったと言われています。
Img_5457rs
上記 ちょとだけホントで 大半はウソかアイマイですが・・・Whisperレーベルで ノリキューのレコーディングが進行中です!

Img_5517s NORI は 小島のり子(fl) Whisperレーベル第9弾「anyway」に続いて レーベル第18弾にあたるコジノリ名義のレコーディングは ギターの天野丘(QUE) とのDUOアルバム(一部に落合康介(b)を加えたTRIO)になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/06

#0138 1976年3月24日 有馬すすむ

阿川泰子や吉田美奈子のアルバムにアレンジャー&ピアノで参加 映画音楽やBGM CMソングなど幅広く手がける広島出身 父親が校長 7人兄弟の全員が教員という文教家族に生まれ 自身も高校の音楽教師を務めたことがある
19760324_0138g3s
この夜 六本木バランタインでのライブ・メンバーは ソロ・ドラム演奏で33時間の最長ギネス記録を持つ穴吹久男 現在はスエーデン在住のベーシスト森泰人とのピアノ・トリオ
Arima1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#0137 1976年3月23日 ジャズ街の散策

鈴木章治と言えば「鈴懸けの径」 灰田勝彦が歌って戦時中に大流行した歌謡曲を 鈴木章治がジャズ・アレンジしてまたまた大ヒットした
19760323_0137f5s
灰田勝彦の母校である立教大学の池袋キャンパスに この歌詞のモデルになった鈴懸けの径があって「友と語らん 鈴懸の径・・・」と刻まれた歌碑が建てられている
19760323_0137d2s
「ジャズ街の散策」郵便貯金ホールのステージは 鈴木章治オールスターズに特別ゲスト松本英彦(ts)

鈴のように丸い実を付けることからスズカケノキと名付けられたが 現代ではプラタナスと言ったほうが分かりやすい・・・プラタナスと言えば「プラタナスの枯れ葉舞う 冬の道で〜♪」と はしだのりひことシューベルツが出てくるのは僕だけじゃないな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/03

#0134 1976年3月22日 Milt & Ray

ミルト・ジャクソン&レイ・ブラウン @新宿厚生年金会館 東京公演は翌23日もレコーディングされた
19760322_0136g3s
メンバーはミルト&レイの他に...p) シダー・ウォルトン ts) テディー・エドワーズ ds) ビリー・ヒギンズ
19760322_0134e5s 19760322_0136g6s
当時発売されたLPは2枚組 CD化されたものは Vol.1-2 に分けられています。

19760322c 19760322b 19760322a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/02

#0131 1976年3月19日 原信夫と#&♭

横浜のキャバレーで演奏していたバンド「ムーンライト」にテナーサックスで参加し 後にリーダーに就任・・・都内の在日アメリカ軍のクラブに拠点を移したのを機にバンド名を「シャープス・アンド・フラッツ」に改名 自身の名を原信夫としたのが1951年・・・え?僕の生まれた年じゃね!?
19760319_0131d5s
新宿の厚生年金会館 大ホールで#&♭結成25周年記念リサイタルが開かれた・・・お?て事は この時僕は25歳!当たり前だけど若っ!
19760319_0131g3s 19760319_0131g6s
原信夫/谷啓/黒柳徹子
ステージには#&♭往年のO.B.達やゲスト 錚々たるミュージシャンが次々と呼び上げられて盛大なコンサートになった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#0126 1976年3月16-19日 TBM 64,65

横内章次(g) が指揮をとって 渋谷エピキュラス(今はない)のスタジオで行われた2つのレコーディング
19760316_0127e5s
19760317_0128g4s 19760316_0126e5s 後にリリースされるアルバムのひとつは 横内章次(g)と小西徹(g) 2ギター入りのカルテット 原田政長(b) 石松元(ds)で TBM-65「BLONDE ON THE ROCKS」

19760317_0129d6s
もう一つは 笈田敏男 の初リーダー作「IT WAS A VERY GOOD YEAR」TBM-64
19760317_0128g6s 19760317_0129f6s こちらのメンバーがすごい事になってるので書き出してみよう
g) 横内章次・潮先郁男 p) 大沢寧男 b) 稲葉国光・水橋孝 ds) 須永ひろし as) 五十嵐明要 ts) 宮沢昭 cl) 藤家虹二 他にvln-vln-viola-celloの弦カルが入ったトラックもあり 当時のスリー・ブラインド・マイス(TBM)の勢いを感じる

Tbm65s Tbm64s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/22

#0122 1976年3月5日 ケニー・バレル

青い海・青い空と大自然の壮大さ清々しさを表す反面 寂しさや孤独・憂鬱など負のイメージもある「青」ですが・・・洗練された都会の夜のジャズと評され 代表的な“Midnight Blue”や”Blue Lights”のジャケット印象が強いからだろうか ... 深いブルーのイメージを持つ Kenny Burrell です。

19760305_0122b5rs
5度目の来日時に撮ったステージ写真をブルーに染めてみた
この日のメンバーは 山本剛(p) 鈴木勲(b) ドナルド・ベイリー(ds) @郵便貯金ホール
19760313_0124e6s 19760313_0124f4s 日本各地への楽旅の合間に 前年(1975年)開校したルーツ音楽院でギタークリニックを開講した サインに応じるケニーの右は受講生じゃなく 写真家の阿部克自(K-ABE)氏

Kennyburrellmidnightblue33rpmlp180g 79017253_o1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#0120 1976年2月20日 ミシェル・ルグラン

シェルブールの雨傘(1963) ロシュフォールの恋人たち(1967) 耳に覚えのある数々の映画音楽を手がけ’60年代すでにフランス映画音楽のマエストロとして知られた Michel Legrand の音楽ルーツにはジャズがあった
19760220_0120e6s 19760220_0120e3s
ピアノを弾きながらオーケストラを指揮するルグラン この時 44歳 @中野サンプラザ

Jackets 1958年 ニューヨークで録音されたアルバム「ルグラン・ジャズ」は マイルス(tp) コルトレーン(ts) フィル・ウッズ(as) ビル・エヴァンス(p) ハービー・マン(fl) ポール・チェンバース(b) … 超豪華なメンバーが参加している

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«#0116 1976年2月4日 日本のジャズ Vol.1