« shima | トップページ | ジャズの伝道者 »

2011/04/15

ジャズの殉教者

「コルトレーン:ジャズの殉教者」の出版記念パーティーで中平穂積氏からのプレゼントを掲げるのは・・・着物を粋に着こなす呉服屋の旦那、コルトレーン研究家の藤岡靖洋。

プレゼントは新宿"DIG/DUG"のオーナーで写真家の中平氏が、どうしてもコルトレーンを見たい(撮りたい)がために1966年にニューポート・ジャズ祭にまで足を運んで撮影したと言う貴重な写真。
0048a コルトレーン研究に関して、素晴らしい仕事をした藤岡氏は、意外にもコルトレーン本人には会っていないと言う。

会ったことがない人に、これだけの愛と情熱をそそぎ続けられたのは・・・ジャズの可能性を極限まで追求し続けた男ジョン・コルトレーンの「魂」の仕業に違いない。

写真家は被写体に出会わないことには仕事が出来ない・・・ぼくの写真家デビューは1975年だから、コルトレーンを撮れなかった事が残念、と言うと・・・

あなたはマイルスに出会えて、いい仕事を残した幸せ者だと中平氏に慰めていただいた。

ジャズ・フォトグラファーとして憧れだった先輩カメラマンに認められた幸せ者は、嬉しくて・・・今夜も終電逃した・・・チェッ!

|

« shima | トップページ | ジャズの伝道者 »

DIARY」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズの殉教者:

« shima | トップページ | ジャズの伝道者 »