« ”Fellows“トモは友を呼ぶ | トップページ | Shima(ネイル・アーティスト) »

2011/05/31

高樹 レイ(ヴォイスとサウンド)

『この世で最高のサウンドは人間の声だ。
  だからオレはシンガーが歌うようにトランペットを吹いている。』<マイルス・デイビス>

0093 高樹レイと竹内直、ヴォーカルとサックス(バス・クラ/フルート)の珍しいデュオ、ぼくもこんな取り合わせは初めて聴く。

1st.セット終わったら何人帰るかね・・・店の常連がぼくに耳打ちした。確かに、西荻や江古田ならアリだけど、ここは銀座のジャズ・クラブ・・・南の海(南海)は好きでも難解は大丈夫だろうか?

(正直ぼくも)何度かリズムを見失いながらも、引き込まれていく不思議感覚 ・・・明確な歌詞が少ないから、ヴォイスとサウンドの境目がどんどん薄れていくシュール感たっぷりだ。

未体験ゾーンを目の前にして最初は目をパチパチさせていた観客も、次第にその不思議テンションに捕まってしまったように、結局、途中で席を立つ客もなく、2nd.セットが終わってからも遅くまで盛り上がりは続いた。

高樹 レイやるじゃん! 『この世で最高のサウンドは人間の声だ。』マイルスの言葉がぼくの脳裏にちらちら浮かんでいた。

|

« ”Fellows“トモは友を呼ぶ | トップページ | Shima(ネイル・アーティスト) »

DIARY」カテゴリの記事

Nice to see You!」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高樹 レイ(ヴォイスとサウンド):

« ”Fellows“トモは友を呼ぶ | トップページ | Shima(ネイル・アーティスト) »