« Jazz Life 12月号 | トップページ | 堀田正矩 写真展 「20世紀のミュージック・シーン」 »

2013/11/15

マイルスの映画!?

186654171_14 「オーシャンズ11」「ホテル・ルワンダ」そしてオスカー作「クラッシュ」に出演したドン・チードルが、マイルス・デイビスを演るかもしれない。ニューヨークで行われた某セレモニーでビンス・ウィルバーンが明かした。ビンスはドラマーとしてマイルスバンドの日本ツアーにも参加したマイルスの甥っ子・・・と日記に書いたのは2006年、だからマイルス映画の話が持ち上がってから7年も経っとるやん。

 ちょい古ニュースだけど、レンタルで「クラッシュ」見たその日のTV放映が「オーシャンズ11」だったので(何かの縁でしょ)知らない人がいるかもだから、ちょっと書いとこかな。

 ウィルバーンはマイルスの伝記映画について「『トレーニング・デイ』のアントワン・フークアと話しているんだけど、主演にはドン・チードルでどうかとソニー(・ピクチャーズ)に掛け合っているんだ。(伝記は)ビバップからヒップホップに至るまでの何十年にも渡る彼の音楽界での功績から、個人的な面に至るまで、様々な部分に触れる作品になると思う。ソニーにたくさん脚本が送られてくるんだけど、まだ『これだ!』っていうのに当たってないんだよ」と話している。「Ray/レイ」「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」など、音楽界の偉人の伝記映画が流行っている昨今だが、決定打となるか?

 本人とキャストが瓜二つと言う訳に行かないんだから、とにかく脚本勝負でしょうね。あとは雰囲気やらちょっとした仕草やらで、ニヤッとさせていただきたいものです、期待しましょう。

(以上、日記は2006年7月に書いたものだから、お間違えのないよ〜に!)

|

« Jazz Life 12月号 | トップページ | 堀田正矩 写真展 「20世紀のミュージック・シーン」 »

Davis_Miles」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイルスの映画!?:

« Jazz Life 12月号 | トップページ | 堀田正矩 写真展 「20世紀のミュージック・シーン」 »