« 『コルトレーンを追いかけて』 @おうちシアター | トップページ

2018/01/23

#0083 1976年1月11日 ビル・エヴァンス

菅野沖彦氏が司会進行を務める FM東京の番組「デンオン・ライブ・コンサート」は1973年にスタートした 広いジャンルの音楽家をスタジオに招いて 生演奏・生放送される毎週日曜日の1時間番組。1976年 新年明けての初ゲストが ビル・エヴァンスだった。

19760111_0084b4s 19760111_0083c5rs
ジャズを撮り始めてまだ2ヵ月半 撮影フィルム数100本に満たない新米カメラマンにとって ビッグ過ぎる被写体の撮影指令がこの年の初仕事になった。

超ビッグ・ネームと知ってはいたけど ジャズ初心者の僕はまだ その”超”がどれ程の”超”なのか分かっておらず 身の程知らずにも 実に簡単な挨拶と握手を交わしてから サウンド・チェックするビル・エヴァンスのピアノの下に寝っ転がったのだった。

背を丸めて顔を伏せて演奏するスタイルのビル・エヴァンスを その表情をローアングルで撮りたいが為の撮影姿勢だったんだけど・・・唐突で無礼な僕の行為を”超”ビッグ・ビル・エヴァンスも その場を仕切っている菅野沖彦氏もが笑って許してくれたおかげで 新米カメラマンがこの時撮った入魂の1枚が その後も今も僕のビル・エヴァンスのベスト・ショットになった。

後日記)この時撮影した3本のフィルムを いつか気付かないまま紛失していて つい最近になって内1本だけが発見された。当時 写真は用途によって必要なサイズにプリントして入稿するのが常だったが 時間的か何らかの理由で原板を貸し出して 返却された時に所定のファイルに戻さなかったことが原因と思われる・・・見つからない他の2本は ひょっとしてまだ返却されてないかも知れない。

当時 出版社かレコード会社・印刷所にお勤めだったひと どなたか心当たりがあればぜひお知らせいただきたい。(べた焼きだけは手許にあるから 勝手に使ったらバレるよ!)よろしくお願いいたします。

と言う訳で 右写真が僕のビル・エヴァンスの代表作 フィルムが戻って初めてスキャンできた左写真はここに本邦初公開:番組終了後 陽も傾いた新宿の街角に佇む”超”ビッグ・ネーム:ビル・エヴァンス

|

« 『コルトレーンを追いかけて』 @おうちシアター | トップページ

DIARY」カテゴリの記事

Evans_Bill」カテゴリの記事

すがの_おきひこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334398/72756748

この記事へのトラックバック一覧です: #0083 1976年1月11日 ビル・エヴァンス:

« 『コルトレーンを追いかけて』 @おうちシアター | トップページ