« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018/07/12

#0201 1976年4月27日 グリフィン@サムタイム

ネガシートに記したメモ書きが正しければ 僕はこの夜 六本木から吉祥寺に飛んだことになる ミンゴスで西条孝之助を撮ったあと渋谷に出て井の頭線に飛び乗ったに違いない
19760427_0201g6rs
プルーフの最初のカットから Sometime の店内は大盛り上がりの様相で 店内の時計が正しければ 時刻はそろそろ深夜0時に近い

19760427_0201c4s ジョニーグリフィン・カルテット Horace Parlan(pf) Mads Vinding(b) Art Taylor(ds)

笑顔で拍手喝采している中平穂積氏の顔が客席に見える 僕の記憶が正しければ 左端に三木俊雄(ts) 右端のカメラマンは市川幸雄(Jazz Life誌)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/11

#0200 1976年4月27日 西条孝之介 @MINGOS

六本木のミンゴスは どこにあったかなぁ・・・ いつまであったかなぁ・・・? ロアビルの向かい側あたりだったかな?
19760427_0200f5s
1956年に自らの姓を英語で綴った「ウエスト・ライナーズ」を結成し 猪俣猛や前田憲男といった新鋭を加えて人気を集めた西条孝之介
19760427_0200g3s 19760427_0200f1s 19760427_0200e2s
‘60年代に数年間 引退状態の時期もあったが 復帰して 再編新ウエスト・ライナーズのほかウインドブレーカーズで活動 青山「ロブロイ」や六本木「ミンゴスムジコ」でよく演奏した  当夜のメンバーは 小川俊彦(pf) 荒川康男(b) 猪俣猛(ds)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/10

#0188 1976年4月25日 つま恋♡Jazz

1974年 “ヤマハリゾートつま恋”として 静岡県掛川市に日本楽器が開業した施設は 何と言っても 数万人を動員して 夏フェスの元祖とも言われる伝説のオールナイト・コンサート「吉田拓郎+かぐや姫」(1975年)で有名になった
19760425_0189g2s 19760425_0198g2s
ヤマハ・ポピュラーソング・コンテスト(ポプコン)の本選会場としても知られているが ジャズ系では「TSUMAGOI JAZZ  FESTIVAL」が開業以来続けてられていて 3回目にあたるこの年に 僕は初めて訪れた19760425_0193c2s 19760425_0193f2s 19760425_0193d1s 19760425_0193e3s


ジョージ川口 / 市川秀男 / 松本英彦 /水橋孝
19760425_0198g5s 19760425_0196g4s 19760425_0196e6s 19760425_0196c1s
弘田三枝子 / 日野元彦 / 井野信義 / 清水靖晃
19760425_0194g3s 19760425_0195e5s 19760425_0195g6s 19760425_0191e6s
稲葉国光 / 小宅珠実 / 渡辺香津美 / 本多俊之

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/09

#0184 1976年4月22,23日 世良譲(ds) と 前田憲男(vc)

珍しい写真 見つけた!
19760423_0185g2s 19760422_0184d6s
4月23日 青山VAN99ホールで行われた「世良ちん気ままなコンサート Vol.1」での1シーン ジミー竹内とドラム・バトルを繰り広げたピアニスト:世良譲

4月22日 渋谷公会堂で開催された自身のリサイタルで チェロの腕前を披露した ピアニスト作編曲家:前田憲男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#0177 1976年4月17日 カウント・ベイシー楽団

3年ぶり 通算4度目の来日公演
19760417_0179d3s
大きな目玉でギョロっとひょうきんな表情を見せる 71歳のベイシー翁と 結成当初から楽団のリズムの要 寡黙なギタリスト:フレディー・グリーンに 初めて会った

19760417_0177f3s 19760417_0178c1rs 日本ツアーは 4月7日から27日まで開催され 日本各地をスイングさせた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/07

#0168 1976年4月10日 All Night 4.10

春の宵に 新宿コマ劇場で行われたオールナイト・ジャズ 出演は 3組のピアノトリオと 貞夫さんのカルテット

19760410_0168f4s 19760410_0176f2s ケニー・ドリュー / 渡辺貞夫

19760410_0174c6s 19760410_0174e2s マル・ウォルドロン / 本田竹廣

19760410_0169e6s 19760410_0171f5s 渡辺貞夫とジャッキー・マクリーンによるサックス・バトルも繰り広げられた

19760410_0168g3s 19760410_0173d3s 19760410_0176g5s 19760410_0175d2s ビリー・ヒギンズ / ドナルド・ベイリー / 守新治 / 村上寛

19760410_0175e2s 19760410_0170e6s 19760410_0171d6s 19760410_0176g1s 峰厚介 / ニールス・ペデルセン / 鈴木勲 / 岡田勉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/06

#0163 1976年4月8日 稲垣次郎 ソウルメディア

’70年代 フュージョンの波が押し寄せる前 日本のジャズ・ロックの先陣を築いたのがこのグループ
19760408_0163d4s
メンバーは流動的だったが この日の錚々たるレコーディング・メンバーは
鈴木コルゲン宏昌(pf,key)・高水健司(b)・杉本喜代志(g)・深町純(synth)・稲垣次郎(ts)・高中正義(g)・ラリー須永(perc)・村上ポンタ秀一(ds)

Highflying Hiromasa Suzuki ‎– High-Flying
Columbia ‎– COCB-54007(CD化)

Composed By, Arranged By, Keyboards, Synthesizer, Piano, Electric Piano – Hiromasa Suzuki
Drums – Shuichi Murakami
Electric Bass – Akira Okazawa, Kenji Takamizu
Electric Guitar – Fujimaru Yoshino, Kiyoshi Sugimoto, Masayoshi Takanaka
Keyboards, Synthesizer – Jun Fukamachi
Percussion – Larry Sunaga
Producer, Flute, Tenor Saxophone, Soprano Saxophone – Jiro Inagaki
Vocals – Kayoko Ishu

*泡沫さんからいただいたメッセージで 全メンバー名と収録アルバムが判明しました 訂正して追記します。 何せ 古い記憶で記録も少なく 毎回苦慮しています ご指摘や情報など どんどんお寄せいただければ助かります。 泡沫さんありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/07/04

#0159 1976年4月6日 ジャムライス・リラクシン Rec

ジャムライス 発足の記念作 西荻アケタの店で3日間行われたレコーディング中日の記念写真
19760406_0159b1rs
前列:近藤等則(tp) ジェラルド大下(ss, ts, fl) 坂田明 (as, b-cl, vo) 右端に見えるマリンバも叩いた山下洋輔(pf) 後列:小山彰太(ds) 望月英明(b)

76_25b ジャムライス・リラクシン 日本フォノグラム(FRASCO) FS-7012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ