« 27歳の新米カメラマン | トップページ | R.I.P. チック・コリア »

2021/02/13

R.I.P. チック・コリア

初めてチックに会ったのは1978年の2月 1万2千人の聴衆で満たされたハービーとチックの夢の共演の会場 アリーナの中央に2台のグランド・ピアノが置かれた日本武道館だった。
19780214_0707f6s
(以下スイングジャーナル誌の記事より引用)
夢が現実のものになった!--- 1978年2月15日 午後7時、遂にハービー・ハンコックとチック・コリアが1万を超す大聴衆の前で相まみえた。はたして、現代ジャズ界を代表する2大人気ピアニストの武道館での世紀の顔合わせは、固唾をのんで見守る聴衆の目と耳を3時間にもわたり釘付けにした。コンサートはヒット曲の他、各人のソロを交えた多彩なプログラムで、伝説のピアニストアート・テイタムの<ライザ>バルトークの<ミクロコスモス>まで取り上げられ、文字通り”夢の共演”の名にふさわしいものとなった。 

|

« 27歳の新米カメラマン | トップページ | R.I.P. チック・コリア »

Farewell」カテゴリの記事

Hancock_Herbie」カテゴリの記事

Corea_Chick」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 27歳の新米カメラマン | トップページ | R.I.P. チック・コリア »