« MINAMATA | トップページ | 10Years Before & 10Years After »

2021/11/02

R.I.P. Pat Martino

1976年に脳動脈瘤で倒れ 過去の記憶のすべて 自身のギター奏法までも失った 現代ジャズギターの始祖と言われるパット・マルティーノ

リハビリのため自分のアルバムを聴いて練習したと言う復活伝説が噂されるが 後に「自分の演奏を真似て弾くようなことはしたことがないよ レコードに残されたものはただの“過去”でしかない 音楽とはその瞬間に湧き出るものこそがリアルであって 決して過去に拠るべきではないんだ。」と自身で語っていた

19860706_3587g1s 19860706_3587c4s写真は 1987年7月6日 NY ファット・チューズデイズ 1970年代の中期にアルバムを発表して以来 ほとんど消息を絶っていたパットの復帰は同年2月だったが その復活の場に戻った彼にここで会うことができた

近年 呼吸器疾患を患っていたパットは 闘病生活の末 2021年11月1日にこの世を去った ・・・ 冥福を祈ります。 R.I.P. Jazz Guiter Legend Pat Martino…

R.I.P. Pat Martino August 25, 1944 - November 1, 2021 Photo by ©S.Uchiyama in July 1987 @ FAT TUESDAY'S NYC

#jazz #ジャズ #jazzphotography #patmartino #パットマルティーノ #farewell #訃報 #shigeruuchiyama #内山繁 https://www.instagram.com/whisper.not/ 3587C4,3587G1

|

« MINAMATA | トップページ | 10Years Before & 10Years After »

Farewell」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MINAMATA | トップページ | 10Years Before & 10Years After »