Charles_Ray

2011/09/23

レイ・チャールズ(我が心の缶コーヒー)

0229 「風とともに去りぬ」の舞台、アトランタ(州都)でオリンピックが開かれた・・・ぐらいしかジョージアを知らないけど・・・「ジョージア・オン・マイ・マインド(我が心のジョージア)」は知ってるね。

レイはこの曲の大ヒットで、30歳にして初のビルボード・チャートの1位を獲得、同年のグラミーでも「最優秀男性歌唱賞」を受賞しています。"Georgia On My Mind"、てっきりレイ・チャールズの作だと思ってた。

ところがどっこい・・・この曲は、スターダストやニアネス・オブ・ユーの作曲者、ホギー・カーマイケルの作品。レイが生まれたのと同じ年1930年に書き上げたもの。

ジョージア州の親善大使みたいなレイ・チャールズだけど、かつてジョージアの黒人差別に反対して、同州での公演をキャンセルしたために、州から追放されたこともあったと言うからおもしろい。

その後、追放を撤回され、"Georgia On My Mind"は正式な州歌にされたと言うから、またおもしろい。

Ray Charles Robinson 1930年9月23日 ジョージア州アルバニー生まれ 2004年6月10日没73歳

| | トラックバック (0)

2011/06/10

レイ・チャールズ(崇拝)

レイ・チャールズが舞台に現れると、会場は総立ちに拍手の渦に包まれた。ニューヨーク郊外サラトガで初めてレイを見た時、崇拝とも見て取れる観客の反応には本当に驚かされた。
0098a_2 0098b_2 超人気アーティストのコンサートをそれまでいくつも見て来たけれど、その時サラトガの興奮はマイルスともマイケルともストーンズのそれとも違う異質で圧倒的な精神の高揚とでも言おうか(文才が無いから表現が難しい)心から敬愛を捧げるような深~い温かさを感じた。
2004年6月10日没 享年73

| | トラックバック (0)