Soloff_Lew

2015/03/09

R.I.P.ルー・ソロフ

もぉ40年以上前ぼくは、ブラッド・スエット・アンド・ティアーズのブラスセクションにしびれていたようなロック少年だった。後年ジャズの写真を撮るようになって、高校生だった頃さんざん聴いたB.S.T.で、ばりばりのハイノートを吹いていたルー・ソロフに初めて会った時の感激が忘れられない。
150309a 150309b
ニューヨークでは何度も聴いたギル・エヴァンスのマンデーナイト・オーケストラでバンマスのごとく采配をふっるっていたルー・ソロフ、デビッド・マシューズのマンハッタン・ジャズ・クインテットには結成当初のレコーディングにも立ち会わせてもらって写真を撮った。

何度か会ううちに「ルーちゃん!」と呼ぶようになって、気さくに笑顔で応えてくれたトランペット・レジェンド。ギルのアルバムに、M.J.Q.のディスコグラフィーにもある何枚かのジャケットに写真を提供できたことが誇りだ。

’80年代の写真を整理していたところにルー・ソロフの訃報が届いた。
冥福を祈ります。

以下 “LEW SOLOFF Official Website”より
Trumpet Legend Lew Soloff passed away in the early morning hours of Sunday, March 8, 2015 in New York City.

The cause of death was a heart attack, according to his daughters Laura Solomon and Lena Soloff.  “Dad had more friends than anyone I know.  He was so loved by so many. His life overflowed with people who cared about him,” stated Ms. Solomon.

A private funeral service is planned for Monday, March 9, 2015.

Soloff, whose career spanned more than 50 years was the consummate New York jazz musician. The list of his musical associations which includes; Gil Evans, Blood Sweat and Tears, Frank Sinatra, Carla Bley, Barbra Streisand, Machito, Marianne Faithfull, Paul Shaffer, Manhattan Brass, Jon Faddis and Ornette Coleman exhibits his extraordinary range and talent.

| | トラックバック (0)