愛車売ります!Benelli ADIVA 125cc

歳のせいか?
すっかりクルマ人間になってしまって、バイクに乗る機会がめっきり少なく・・・愛車売ることにした。
0001 アディバ:イタリアのバイクです。

ルーフ付きだから 少々の雨 大丈夫! 夏の強い日差しもちょっとはマシ!(ただし横風に弱い ^ . ^;

乗りたいひと いませんか〜?

ヤフオクに出したのでど〜ぞ!(まだあまり競り上がってないから・・・)

Auction

| | トラックバック (0)

ビバンダムくん(ミシュランマン)

タイヤを替えたら 走りが予想以上にソフトで静かになった。

170412 ↑ カメラを持ってますが 僕ではありません。僕はこんなにモコモコしてません! もっと引き締まってます!何ならお見せしますけど・・・

この元祖ゆるキャラは フランス以外の国では「ミシュランマン」で知られてますが 本国ではビバンダム(愛称:ビブ)と呼ばれて親しまれてるらしい

生まれたのは1898年 白い理由は 当時高級品だったタイヤは一つひとつ白い布や紙で包まれてたから。 タイヤの怪物として描かれ 不気味で怖かったビブくんも 時代と共に表情柔らかく笑顔になってきたようで・・・

| | トラックバック (0)

秋の想い出@鳥取

2016. 11/21-23 鳥取市で開催した「JAZZの肖像/JAZZの造形」展は ぼくにとって写真家歴40周年を記念する 有意義な展覧会になった。
Img_3333s 息子の大きな節目とあって 大阪から両親が駆けつけて 盛会を喜んでくれた。

100点を超える作品のキャプションをひとつひとつ丁寧に読んで・・・

「こんだけの写真 よぉ撮ったなぁ・・・」と父

「私の自慢の息子やわぁ・・・」と母 

父:93歳 母:92歳 足許が少々危なっかしくなってきたけど 二人ともいたって元気

鳥取砂丘を見たことがないと言うので 寸暇をいただいてプチ親孝行 展覧会盛況の喜びにプラスして もうひとつこの秋に嬉しい想い出ができました。ありがとう!

| | トラックバック (0)

2歳下と5歳下

時は昭和39年(1964年) 内山 しげる(13歳)
160711a妹 くみこ(2歳下)
弟 あきら(5歳下)

新聞記者だった父が単身赴任した福山市(広島県)芦田川の河口に近い小さな町に、大阪在住だった内山ファミリーは夏休みの期間中移住して過ごした。

山も川も海も身近にあって、我々兄弟は海水浴場でのクロンボ大会に3人揃って入賞するほどこんがり焼けながら、心もカラダもすくすくと育ったのだけれど、遊びすぎたせいでアタマはあまり育たんかった。

あれから半世紀・・・

兄は最近ジャズと酒に溺れながらも元気で楽しくやってるよ

健脚自慢の弟は(栄養失調気味に見えるけど)還暦過ぎた今でもフルマラソンを年に何本も走るほどの健康体

そして、自然を愛し動物を愛しむ優しい心の妹は今日が誕生日

いくつになったんだっけ?

って、いつまでたっても2歳下か ^.^; ・・・ オメデト〜〜♪

いつまでも元気で楽しく優しく、この歳の差キープしていかんとな!

| | トラックバック (0)

Happy Birthday to me ^^;

65歳になったぼくに、いかしたメッセージをくれたのは2歳下の妹

160419a 35歳になりましたね。

おめでとー。

ウチヤマ家では50歳になると百歳に向かって毎年1つずつ引き算する家法ですよ。

そんな気分で暮らすと楽しいしね。

今年父は8歳、母は9歳って感じでつきあってるとイライラもしない。
笑ってられる。

おにいちゃん!35才って働き盛りで忙し過ぎるでしょ。

10才ぐらいになったらまた3人で一緒に虫捕りに行こねー。 妹(37才)

写真は、昭和37年(1962年) 左が10歳のぼく ^^; 兄弟で過ごした夏休みのひとコマ

| | トラックバック (0)

表彰(瘭疽)状

あなたは指のささくれからバイ菌が入って
生まれて初めて ヒョウソウになりました。
ここにその栄誉よたたえ これを賞します。
Img_2399s
指が痛くなって医者に行ったら、もっと痛いことされた記念

| | トラックバック (0)

4歳だった弟と9歳だった兄

弟を昼寝させようとしている、小学4年生(9歳)の兄です。
昭和35年(1960)、今から55年前の何でもない日のひとこま・・・
150818a
4歳だった弟:朗、今年59歳になりました。

誕生日おめでとう!

| | トラックバック (0)

ウチヤマ3兄弟

1963(昭和38)年秋
繁12歳・久美子10歳・朗7歳、52年前のウチヤマ兄妹弟

このまま音楽の道を進んだら、それぞれが一体どんなピアニストになったか想像すると面白い。
150711_196311s
残念ながら誰も音楽の道を選ばず、写真家に・英語教師に・建築家になった兄妹弟。職業にはしなかったけど、幼少のころ音楽に親しむ環境と機会が与えられたことは大きいと思う。

ぼくはジャズ・シーンを撮るカメラマンになりジャズ・バーのマスターに、妹の家には今もピアノがあって、弟はサックスをいじくり回す、皆音楽愛好家になった。決して裕福でなかったサラリーマン家庭の我が家でこの時代に子ども達全員にピアノを習わせた両親に感謝。

ピアニストになり損なったけど、自然を愛し動物を愛し家族を思いやる妹に、誕生日おめでとう!

| | トラックバック (0)

くちびるに歌を(手紙~拝啓十五の君へ~)

美しい空と海、小さな教会が点在する長崎県・五島列島の中学校を舞台にした、現代版「二十四の瞳」
アンジェラ・アキの名曲「手紙~拝啓十五の君へ~」をモチーフにした小説­の映画化。

昨年・一昨年と2度訪れた島のロケーションマップを見ると、懐かしい旅の思い出が蘇る。 ぼくらの旅に同行した五島のアイドル:ベベンコ ビッチ もこの映画に関与しておるらしい・・・150319b

涙腺の詰まり解消に役に立つ青春ドラマ♪

| | トラックバック (0)

東京ミチテラス2014

開業100周年の「メモリアルライトアップ」と言う事らしい・・・誰がやったか知らんけど、東京駅がもんのすごいグロテスクな照明されて気持ち悪いぞ。

141225c 141225b

列に並べとか立ち止まるなとか、写真撮ったらさっさと進めとか、言われながら見たくないわ!

結局、丸ビル上階のレストランで一杯呑みながら、愚かな群衆とキモい照明された駅舎を見下ろして感慨に浸ったX'masのオレであった・・・

| | トラックバック (0)

«うどん酒場 from 香川