夏の散歩道

雷鳴か? ふり返ると 夜空に大輪の花!(野田市 運河橋から)
220724
クルマと電車と花火の写真数枚を比較明合成しています。
Canon EOS R6 SIGMA DG 28-300mm f/3.5-6.3 100mm f5.6 1/50 ISO51200

|

抜け殻じゃなくて・・・

蝉の幼虫が歩いてるのを見ること自体 めったに無く高揚して しばらく観察してから通り過ぎたんだが・・・
帰り道にまたよく見ると 何だか様子がおかしいぞ
220723_1 220723_2 220723_3 220723_4
アタマのあたりが白っぽく膨らむと 背中が裂けて かすかに震えながら ゆっくりゆっくり出てくるよ!
初めて見るセミの羽化 美しく神秘的なシーンにすっかり感動した今日の散歩道

 

|

甲冑虫

完全武装で いざ出陣いたすっ!
220719
Canon EOS R5 RF24-105mm f4 / f22 1/60 ISO:1600 Close up No.4
#写真好きな人と繋がりたい #写真 #カメラ #レンズ #レンズ越しの私の世界 #カブトムシ #shigeruuchiyama #whisper #whispernot #whisperknot #内山繁 #うちやましげる

|

この美しい造形作品はナンダ!!

不法侵入者が 庭に無断で新居の建設を始めた 気付くと夜にはほぼ完成しており 耐風・耐雨基準も満たしているようで 何と言っても設計図ナシ 道具もメジャーも使わず 短時間でよくぞここまでやったと 偉大な自然界の造形作家:アントニオ雲助(仮名)を褒めてやった!
220714
「自然は 常に開かれて 努めて読むのに適切な偉大な書物である」(アントニオ・ガウディ)
Canon EOS R5 RF24-105mm f4 / f5.6 1/60 ISO:3200
#写真好きな人と繋がりたい #写真 #カメラ #レンズ #レンズ越しの私の世界 #蜘蛛 #shigeruuchiyama #whisper #whispernot #whisperknot #内山繁 #うちやましげる

|

桑ヶ田 佳祐

昨夜 庭の宴会に参加したいとひょっこり現れたノコギリクワガタくん
酒は飲めないと言うので デザートのメロンでもてなしたら すっかり気をよくして意気投合ひと晩お泊まり 佳祐と名付けて(桑ヶ田 佳祐)仲良くなると 世話になったからモデルになるとポーズをとってくれた
Ksuke2s
小さい被写体を接写でクローズアップする時 アタマからケツまでピントの合った写真を撮るのはなかなか難しいんだが・・・ デジカメの機能に「フォーカス・ブラケット」ってのがあって(フィルム時代には無かったワザで)至近距離(ツノの先)からオシリまでピントを少しずつずらして撮った複数の画像を自動的にシャープな1枚に合成してくれる

普段は絞り開けっぱなしで撮るような仕事をしてるから縁も興味もなかったし 三脚+レリーズが要るメンドクサイ撮影だけど せっかく面白い機能があるんだからと初めてやってみたぞ!

|

ホタル撮り@内浦山

光跡がライン状になる源氏ボタルや平家ボタルと違って 点滅テンポの速いヒメボタルは 丸い光の玉状(遠くのヒメは点状)に写る 過去3回のホタル撮りで 源平合戦はどうにか撮れたけど 何とかやりたいヒメ始め・・・
220624b
ホタル撮り病の熱下がらず 4回目の発作に襲われて向かったロケ地はあいにくの雨! ずぶ濡れに耐えた努力も虚しくヒメは姿を見せず 成果ゼロがあまりにも悔しく 意を決して翌朝仕事のリスクを背負いながら もぉ一晩トライしてやっと撮れた1カット

Canon EOS R6 RF28-70mm f2.0 / f2.0 30秒 カメラ内多重露光 ISO:3200
#写真好きな人と繋がりたい #写真 #カメラ #レンズ #レンズ越しの私の世界 #多重露光 #ホタル #whisper #whispernot #whisperknot #shigeruuchiyama #内山繁 #うちやましげる

|

ホタル撮り@箱島ほたるの里

さて ますます調子に乗ったホタル撮りビギナーが3度目に向かった先はちょと足を伸ばして群馬県の「箱島ほたるの里」 到着した現地で最初に声を掛けた人が これまた何とホタル保存会の3代目会長さんってことで 箱島のホタル情報を詳しく教えてくれた・・・ 日頃のオコナイがいいと こんなにいいことがある
220615b
最近のデジカメには’多重露光’って進んだ機能があって 複数ショットを1カットに写すことができる。Filmカメラ時代にもあるにはあったけど 今は作画の意図やイメージ作りにマッチした より高度な多重露光が可能になった。

家に帰ってからPhotoshopで合成することも出来るけど これは撮影時即座にカメラ本体が9ショットの画像を1カットにしてくれたゲンジボタルの光跡

淡い光を点滅させて静かに宙を舞うホタルを(ビール飲みながら)まったり見てると 安らぐなぁ〜 幸せだなぁ〜

|

ホタル撮り@いすみ市山田

初ホタル撮りでビギナーズ・ラックを得た初心者は たちまち重度の急性ホタル撮り病を発症して高熱下がらないまま・・・次なるロケ地を同じ千葉県いすみ市の「源氏ぼたるの里」に決めて出掛け
220617b
初体験の場では 先客(ベテランらしき)ホタル・カメラマン氏に出現ポイントやアドバイスをいただき 2度目のここ夷隅では宿のオーナーさんに紹介いただいた“ホタルに詳しい人”がホタルの穴場を案内してくれた

ロケハンで撮影ポイントと目星を付けた「ほたるの里休憩所」は閉鎖中で この付近に今はあんまり出ないとの事 こちらですと“ホタルに詳しい人”は田んぼのあぜ道をどんどんどんどん イノシシ除けの電柵をまたいで森に向かって進んで行くではないですか! ここは私有地ですから近所の人に何か言われたら 私の名前を出して案内されたと言ってくださいと 聞くと秘密の場所を教えてくれた“ホタルに詳しい人”は何と この地域の「ほたるの里を守る会」の役員さん ホタル撮り入門者にとっては超ラッキーな出会いの連続

 

|

ホタル撮り@濃溝の滝

洞穴の中に清流の小さな滝があって 季節と時間によってはハート型に見えると言う 亀岩の洞窟を初めて訪れた時 ここがホタル観賞スポットと知って ホタル撮りにトライ目的で再訪したのが事の始まり
220616b
ホタルを見れる場所は調べればある程度分かっても カメラを向ける方向や距離アングルは感と運に任せるしかないし ましてや飛び方なんて全く予測不能だから いくらカメラの操作に慣れてると言っても そう簡単に撮れるもんじゃないと ロケハン気分で望んだ初ホタル撮り・・・ 場所は千葉県君津市の「濃溝の滝」

背景になる画像にホタル光跡の写真を数枚重ねて合成する定石手法だけど 実際は背景にした風景とホタルの撮影ポイントは100メートルほど離れた別の場所
これじゃ写”真”じゃなくて写”嘘”だな ホタル撮りのベテランさんには怒られそうだけど 広告写真の業界ではもとより Photoshopでだれでも画像処理が簡単に出来るようになった昨今 皆んな多少なりともいろいろやってるかもな

これからは なるべく写”真”を撮るよう心がけよう

|

試写散歩 28-300mm

酔っ払った勢いでポチしたものが翌日には届いて すぐに後悔と反省ができる Amazonてすごいわ!
Cr6_9914 Cr6_9935
何じゃこりゃ!?と笑いながらポチして届いたのは "SIGMA 28-300mm f3.5-6.3 MACRO" 笑って後悔しながら まぁとにかく使ってみるかと試写散歩に出掛けたよ
Cr6_9990 Cr6_9888
さすがに使用感は純正の高級レンズにかなわないけど 10倍を超えるズーム域と全域で0.33倍の近接撮影が出来るのは面白い! ボケ味に個性あり過ぎだけど解像度もまぁまぁ web用途なら問題ないし小さくて軽くて散歩の友としては合格!
Cr6_9903 Cr6_9982
よかった良かった・・・

|

«人生 71周目に入ります!