トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

もうすぐ・・・

はい、セントラル・パークの恋人達です、何も言うことありません。・・・もうすぐキスします・・・

0010_a

0010_b

0010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニョキニョキ

0009

 エンパイアでも女神でもないもう一つのニューヨークのシンボルはこれ、古いビルの屋上には必ずある木製の水タンク。ダウン・タウンにはニョキニョキそびえています。
0009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○&□

 ワールド・トレード・センター建設時に掘り出された土で埋め立てられたハドソン川沿いの広大な地域に4つのタワーが建てられた。大手企業やブティック、レストランなどが入った急成長のファイナンシャルとショッピング・ゾーン。

0008

 グーグル・アースでこの角度から見下ろすことができた・・・このアングルで写真を撮る事はもうできない・・・
0008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vanguard

 ニューヨークでジャズと言えばまずここ。有名ジャズ・ミュージシャンがこのステージに立ち、名演と言われる多くのライブ盤がここで録音された。ジャズの歴史を見守ってきた老舗は主無き後も健在。

0007
0007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Day Dream

0002_a  マンハッタンは山手線の内側ほどの広さの超縦長の島。南北に走るアベニュー(Ave.)と東西のストリート(St.)で区画された碁盤の目。

 ここ砧公園あたりがミッドタウンなら多摩川が西の端ハドソン川、環八あたりはもうイースト・リバーになってしまうほどの小さな島。
(世田谷美術館で開催した写真展のキャプションなのでこうなりました。世田谷の人にはよく分かりますね。/中之島や中州よりはだいぶおおきいです、これで大阪の人や福岡の人にもよく分かりましたね。) 0006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙...

 こんな景色はもう見れないかと思うと、胸がギュッと締め付けられる。

 2003年に六本木ヒルズで開かれ、精巧なミニチュア都市を展示して人気を博した「世界都市展」 ニューヨーク・エリアへの順路はマンハッタン島の南端に入り口があって、足を踏み入れるといきなり「グラウンド・ゼロ」が目に飛び込んだ。
 精巧なビル群に囲まれたそこには、透明なアクリルで作られた2つのタワーがそびえ建っていたのだった。

 ぼくはギュっと胸が締め付けられて、一瞬のうちに涙がどっとあふれた・・・同行の友人が、大丈夫かと無言で肩に手を置いてくれた。
0005 0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NewYork

 多くの人々が実に様々な形容詞をもって語り、多くの小説に書かれ、歌のテーマにタイトルに選ばれ、幾多の映画の舞台となってもまだまだ言い尽くされないこの街の魅力、ミュージカル,エンターテイメント,現代美術,ファッション,カルチャー,ビジネス,建築,スポーツ・・・あらゆるライフ・スタイルのトレンドを世界に向けて発信する街の魅力のキーワードは無数にあり「ニューヨークが好き」と言うその意味あいは人それぞれで広くまた深い。
0004
0004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I Love NewYork

 ぼくがニューヨークに行き始めた1980年代、街のあちこちの看板やポスター、バスの車体やビルの壁に「I ♡ NY」のサインが揚げられていた。犯罪や麻薬、ドロップ・アウトなど都市の持つ二面性のネガティブな部分、繁栄と共に派生した都市のもつさまざまな問題をクリアしようと打ち出された市をあげてのクリーン大作戦が「I Love NewYork」キャンペーンだった。
00030003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Welcome to NewYork

 アメリカを象徴すると同時に他の都市とはかけ離れた表情を持つ大都会 "NewYork"

 世界中のあらゆる民族が集まってそれぞれの文化とアイデンティティーを守り、バランスを保ちながら混じりあって生きている"人種のサラダボウル"と言われる街 ニューヨーク
00020002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

911

非人道的不条理な暴力を許さず・恐れず・屈しない為に ぼくの大好きな街
   ニューヨークの風景から WTCビルを削除しないまま掲載します
                   ・
     テロ事件による多くの犠牲者に心から哀悼の念を表し
       ニューヨークを愛するすべての人たちとともに
           怒りと悲しみを分かちあいたい
                   ・
             罪無き多くの犠牲者の
              ご冥福を祈ります
                   ・
0001_a_2
                    ・
                  "JAZZ"
               というキーワードで
             ニューヨークにとり憑かれ...
                    ・
          レンズを通して切り撮ったこの街の
       情景から「ニューヨークが 」なぼくの思いを
Jazzyな街の喧噪と空気感を感じていただければ幸いです。2010.9.11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年10月 »