« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

引っ越します!

このブログ"whisper's jive" 「JAZZ」のカテゴリが増えてきたので独立します!

whisperのもうひとつのブログ"whisper's jazz"http://whispernot.cocolog-nifty.com/jazz/に引っ越しますので、ブックマークの変更お願いしますね。

"whisper's jazz"では「whisperのジャズ日記」の他、ジャズ・フォト・ギャラリーとミュージシャンとの交友録など、ジャズ系をまとめていこうと思います。(ジャズ系以外のカテゴリはここに残します。)

(今までここ"jive"にいただいたコメントはすべて"whisper's jazz"に引き継いで行きますのでご心配なく!これからもどんどんご感想などお寄せ下さい。)、応援よろしくお願いいたします〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

櫻木神社 (HDR)

"HDR"とは"High Dynamic Range"(ハイ・ダイナミック・レンジ)
「白トビ」せず、「黒つぶれ」しないよう、すべての階調を残す写真の表現技法です。最近では"iPhone4"など、HDR機能を内蔵してカメラ内自動処理するのもある他、複数枚の画像をソフトウエアでズレを補正しながら合成するものなど方法は様々。ぼくもまだ初心者だけど面白そうだからやってみる!
0051 写真の中で一番明るいのは白い雲、一番暗いところは緑の森の奥か建物の軒下でしょうか? 白い雲のカタチを写そうとすると(左写真のように)他が黒くつぶれ・・・日陰部分を出そうとすれば(右写真のように)空や明るい部分のディテールが飛んでしまいます。中間値を取って、ほぼ適正露出と思われる中央の写真でも、明るさの両極端は犠牲になっちゃう。
0051a 0051b 0051c 複数の写真から「いいとこ取り」して合成された画像が上の写真、"HDR"と言うわけ、描かれた絵のような、安物の絵はがきのような、不思議なトーンだね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墨と朱

スポーツ用品とかアウトドア系によく使われる色調、黒とオレンジは精悍モダンなコンビネーション・・・

墨の無彩色「黒」と漆の鮮やかな「朱」は、古来から日本のカタチの中にある、絶妙の色彩バランス感覚。
0048

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千葉県下一の大鳥居を・・・小さな雫の中に入れてみました。
0047

| | コメント (4) | トラックバック (0)

紙垂

0046 神域の境界をあらわす紙垂

神域も俗界も雪に覆われて

真っ白に清められたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

足下注意!

0045 学業成就、合格祈願の

菅原神社ですが・・・


  雪です


受験生の皆さん


わかってますね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪ぐ

0044「すすぐ」と読む

水で汚れを洗う
   「濯ぐ」とちがって

「雪ぐ」は・・・

   祓い清める

  ・・・神社に雪が降った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のサクラ III

ちょうどいい所に虫が飛んで来ましたが、偽客(サクラ)ではありません。

冬のサクラを見て、季節を勘違いしたのでしょう・・・
0043

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のサクラ II (IR)

秋頃、特にたくさん花を咲かせるところから「七五三サクラ」とも呼ばれているようです。

冬桜とか寒桜とか呼ばれる種類もあるようですが、このサクラはそれでもないようです。千葉県野田市なのに「サクラ」です。(千葉県人にしか分からないギャグです。)

0042

| | コメント (0) | トラックバック (1)

冬のサクラ

寒い日が続いたあと急に暖かくなると、春と勘違いしてうっかり咲いてしまう「狂い咲き」と違って、このサクラは(暑い夏の一時期を除いて)ほぼ1年中花を付けてます。小さな花なのに、寒い朝、雪を載せても元気に頑張って「サクラ咲いています」・・・(さすが櫻木神社!)

あ、それから、サクラと言えば寅さんの妹もいいですが、昨日から始まったドラマ「冬のサクラ」がおもしろくなりそうな気配・・・今井美樹好きです、天使の声です。
0041a 0041b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3発!

銀座のジャズ・カフェ「ブルー・アイズ」で開催中の「マイルス・デイビス写真展」、1月29日までの期間中にあと3発ライブあります。

24日:真冬の銀座に、ブラジルの熱い風吹くか・・・ボクの古い友人モニークが歌うサウダージ

25日:けいじ&ていじ、お笑いコンビではありません、島圭二(tp)と田口悌治(g)のデュオ

29日:先日のトークショーの相方、高橋節(とも)今度は本業ベースで再登場! 渡辺明日香が歌います。 3夜ともボク行きます、混みます、Must予約!
0040a 0040b 0040c 写真展は営業時間内に(13時〜23時・日祝休)いつでもご覧いただけます。ライブ時以外はチャージなどかかりません、お気軽に〜極上のジャズ・サウンドに包まれてお過ごし下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舌好調

はい、トークショー、舌が絶好調でしたよ、なーんも心配いらんかったね・・・いやいや、お客さまの好レスポンスのお陰です、高橋節(とも)ちゃんのサポートのお陰です、ジャズと同んなじなんだ、トークもね。

ま、脱線しまくりだったけど楽しかった・・・2時間枠が足りないぐらい、まだ話し足りないから、またやりましょう、ジャズや写真や何やらかんやら、また語りましょう・・・ご来場いただいた方々、ど〜もありがとう!

"JBL 4343"の上に置かれた高橋知己(ともき)の愛機・・・高橋知己(ともき)と、高橋節(とも)は親子ではありません。(念のため) 写真と文章も関係なかったね・・・
0039 訂正&お詫び:昨夜紹介したアンセル・アダムスの言葉が間違ってました。
正しくは・・・『フィルムは譜面、プリント作業はそれを演奏すること、写真家は暗室のミュージシャンだ』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Thumbs Up!

1月14日、いよいよSpecial Day!

へたトークを助けてくれるのは、ジャズ・ベース・プレイヤーの高橋節さん(写真)です。 ピンぼけでよく見えない?  はい、親指にピント合わせました・・・Thumbs Up!
0038

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐怖のトークショー II

試練の時がどんどん近付いてきます・・・
話のしろーとが2時間枠で人前でしゃべろうと言う暴挙に出ようとしています。

大丈夫でしょうか?・・・大丈夫じゃないと思います。
わなわなと震えておりますと、そこへ女神様が救いの手を差し伸べてくださいました。

(写真に写っている)ベース・プレイヤーの高橋節さんです。(ピンぼけで全然分からないって?当日おいでいただければ、間近でご覧頂けます。)

昨年末にスタートしたマイルス写真展で、初日と2日目に素敵なライブを聴かせてくれたご縁があって、ボクがトークに行き詰まった時のレスキュー役を買って出てくれました。

トークショーでは残念ながら演奏はお聴きいただけませんので、写真展最終日(1月29日)に渡辺明日香さんを加えたライブを予定しています、どうぞご期待下さい。

当日(14日)はプチ・プレゼントを用意してご来場お待ちしています、が、こちらはあまり期待しないでおいでください・・・
0037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐怖のトークショー

0035いやいや別に恐い話するんじゃないですよ、稲川淳二じゃないんですから。

いよいよ今週金曜日、内山 繁トークショー・・・銀座のジャズ・カフェ「ブルーアイズ」で開催中のマイルス・デイビス写真展の余興(?)として、マイルスの素顔、ジャズの事、写真のことをお話しします。

と言いながら、近付くにつれて緊張してきました。

酒飲みながら無責任な事しゃべるのは得意ですけど、大勢の人前でしゃべるって事ないですから、普段。

はてさて、どんなトークになることやら・・・

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

絵馬

0036 元々(奈良時代)は神の乗り物としての馬(本物)を奉納したのが起源とされますが、今時、馬を神社に引いて行くとたぶん怒られますのでご注意ください。

馬(本物)を奉納できない貧乏なひとは木板に馬を描いた「絵馬」を納めてください。

ここ櫻木神社では、桜の型や桜の絵柄の絵馬が人気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おみくじ

引いたおみくじ、どうする?・・・

「いいおみくじは松(待つ)の木に、悪いおみくじは杉(過ぎ)の木に」説が気に入ってます。

実際は生きた木々を傷めないように結び処へど~ぞ。
0034 (写真はおみくじ結び用に用意された松です、ご心配なく。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリ〜ン!

 1円:円(縁)がありますように
 5円:ご縁がありますように
45円:始終ご縁がありますように

115円:いいご縁がありますように

・・・いろんな語呂合わせがありますが・・・

500円:これ以上の硬貨はない(最高の効果)ってのが好き。

でもお賽銭は御利益の対価代償じゃないですから、別にいくらでもいいんじゃないですか?

1円あげとこっと・・・チャリ〜ン!
0033_a 0033_b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン!・パン!

拍手「はくしゅ」と書いて「かしわで」と読みます(木偏の柏手と書くことも)

音を鳴らさずに打つ「かしわで」は凶事や悲しみを表して打つ「忍び手(しのびて)」になっちゃいますからご注意ください。

感謝の気持ちやお願い祈願の時は
パン!・パン!
っと大きな音で元気よくネ!
0032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹林(IR)

0031 ぼくのカメラは赤外線をとても感じやすい子ですから・・・レンズの前に赤外線だけを通す(可視光線を通さない)フィルターを付けると、割合簡単に赤外線写真を撮ることができます。

可視光線を通さないから一眼レフカメラでこれをやったらファインダーの中は真っ暗けで何も見えませんが、この子のファインダーは別窓ですから大丈夫!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹氷じゃなく(IR)

0030 赤外線(IR)写真です。
(撮影後に秘密のまじないをかけてますが・・・)

ほとんどのデジカメは、レンズを通った光を受け取るところ(CCDとかCMOSとか言われる)受光素子の直前にローカット・フィルターを付けて赤外線をカットしますが、ぼくのこのカメラはカット効果が弱く、赤外線をとても感じやすい子です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手水舎(IR)

0029_2 本来、白装束やふんどしになって、滝や川で体を清める禊ぎ(みそぎ)を簡潔にしたのが手水らしいですけど、ここで裸になって水をかぶったら風邪ひきますからご注意ください。

※寒い日が続きますが、これは樹氷ではありません(櫻木神社だけど、さくらでもありません。)赤外(IR)フィルター付けて撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥居

俗界と神域を分ける境界と言われ、神社の神聖さの象徴です。

鳥居の上に石を乗せると願いが叶うと言う噂があって、石ころの乗った鳥居を見かけることがありますが、よい子は鳥居に石を投げてはいけません、危ないでしょ!
0028_a 0028_b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大麻

0027 マリファナかと思った人はご注意下さい、オオヌサと読むお祓いの道具です。

神事の際にオオヌサを左→右→左と3回振って罪や穢れ(けがれ)を祓います。

祓ひ給へ~清め給へ~

・・・バサッ・バサッ・バサッ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賀正

あけましておめでとうございます、いい年になりますように・・・
0026

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »