« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

一拝

一拝
これまでの生活(大きく言うと、先祖から守られ受け継がれた命)への感謝と、今日から後の生活への祈りを込めた締めくくりの挨拶。

神社によっては四拍手だとか、お辞儀は90度とか、お賽銭より鈴を鳴らすのが先、とか・・・いろいろ言われ たりもしますが・・・作法は形式ばかりではありません・・・マナーを守って礼儀を心がけ、「気持ち」が添えられてこその参拝だと思います。
0067 心を込めて、どうぞ清々しい気持ちでお参り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二拍手

二拍手
両手を合わせたら右手を少し手前にずらし、二回拍手をして、手を合わせます。
左手は「神様」、右手を「自分」として、右手(自分)を少し下げることで、左手(神様)を崇め、掌を合わせることで敬いの思いで「心」を合わせるとされます。0067a

拍手は神様の注意を促す意味よりも、素手で(武器を持っていない)下心が無いことを表す説もあるようです。いろいろあるんですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二拝

お参りの作法についてご存じの方は多いと思いますが、どんな意味が込められてる?

二拝
人間同士の挨拶より、神様には更に敬意を表して二度、深く頭を下げます。

神様に気付かれないと困るので、最初の二拝より先に、鈴を鳴らしたり、お賽銭を入れて、こちらに注意を向けてからと言う人もいますが、神様がうっかりよそ見してたり、居眠りしてたりしないと思いますが・・・0065

(写真は櫻木神社 御武射祭にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

破魔矢

0064 京都の三十三間堂で江戸時代に行われた「通し矢」、一昼夜のうちに120メートル先の的に何本当てられるかを競った行事。(軒下に刺さった無数の矢の痕跡を見ましたが、何と壮絶な競技・・・120メートル、なんと遠い的か驚き!)

13,053本の矢を射て、8,132本(命中率62%)当てたのが最高記録とか・・・一昼夜とは24時間? ル・マンじゃあるまいし、ギネス挑戦じゃあるまいし、どんだけ体力!・・・どんだけ集中力!

写真は「通し矢」ではありません、破魔弓・破魔矢で東西南北に矢を放って悪魔を退散させる櫻木神社の伝統行事です。(御武射祭にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POK-PONG?

0063 「ポクポン」知ってる? 毛糸をぐるぐる巻きにした人形、もともとはブードゥーの呪術に使われた人形で、タイでは持ち主の代わりに災厄を引き受けるお守り。

日本でも携帯ストラップやキーホルダーとしてちょっと前に流行りました。

ポクポンを連想するこの藁玉・・・目鼻も手足も無いけど・・・ワラを芯に麻ひもでぐるぐる巻きの玉、玄関に吊して魔除けにするところも、何やらポクポンに近いと思いません?(御武射祭にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

供物(くもつ)

0061a 0061b
0061c 0061d

菓子

野菜

果物

神々に豊作・大漁を祈願し、感謝するお供えもの。(御武射祭にて)

肉がないのは何故でしょう?

香港で見た中国式神棚には鶏さんや豚さんも(丸ごと)上がってました・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

御幣(ごへい)

0061 つぶしたゴハンを竹串に付けて、ゴマ味噌や甘めのタレを付けて焼いたのは五平餅ですが・・・

木の棒(幣串)に2本の紙垂(しで)を付け、麻で結んで作った神具が御幣です。(サービス・エリアでは売ってません。)

神域の境界や、神社のいたる処に見られる紙垂は、通常白い紙ですが、この御幣は5色で作られています。

こうして見ると古式日本の色彩感覚も結構いけてるね。(御武射祭にて)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蟇目神事御武射祭

0060 ひきめしんじおんぶしゃまつり

イカのお化けのような妖怪を弓矢で射たあと、閉じ込めたタワラを参加者全員でまたぎ超えて邪気を封じ込めます。

季節の境界に浮遊する邪気を祓い、春を告げる伝統の弓引き神事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雫が1.2.3.4.5.6.7.8...

・・・9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24...0059

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳥居が1.2.3.4.5.6.7.8・・・

・・・9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24...

久々の雨、みぞれ混じりの雨・・・
0058_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おキツネさま

何故かこの白いおキツネさまに惹かれます。左の子は巻物をくわえてますが、奥の子はカギを持ってます。右の子は金色の玉をくわえてますが、右奥の子は玉を前足で押さえてますね・・・日本にはいろんなおキツネさまがいるようです。

稲荷信仰のルーツやおキツネさまの解釈には諸説あって、ぼくにはよく分かりませんが、日本人が持つキツネのイメージは、神または神の使いとして親しみのある「陽」の顔を持つ反面、妖、憑、災や騙を連想する「陰」の両面を持ってます。
0057a_2 0057b_2 0057c_2 0057d_2 神社の拝殿裏にタヌキが現れたことがありました。タヌキは滑稽なイメージ先行で、可愛いキャラにされる事が多く得してますが・・・あなたはキツネとタヌキ、どっちが好きですか?(赤いキツネと緑のタヌキの味の話ではありません。)

上の4枚の写真、撮ったレンズが全部異なります、同じものを撮ってもレンズの味付けで印象違っちゃいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手水舎 (HDR)

0053_3 お参りの前にまず手水舎で身と心を清めます。手をすすいだ後、口に含んですすぎますが、手杓に口を付けるとインフルエンザが広がってしまいますからご注意ください。間接キッスを喜ぶのはぼくだけです・・・

ぼくは子供の頃、田んぼで遊んで泥んこになった足をここで洗って大目玉食らいました。・・・手水舎で足を洗ってはいけません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

櫻木神社 (HDR)

3枚合成の"HDR" 写真の中で一番明るいのは白いおキツネさま、一番暗いところは建物の軒下でしょうか?
0052_2
中間露出ですでにおキツネさまは飛んじゃってます、コ〜ン!!
0052a 0052b 0052c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »