« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

マイルス・デイビス 画集「帝王」

義援金や物資の提供、節電協力などは個人的にまず出来ること、企業や団体はそれぞれの専門分野で、タレントやミュージシャンはチャリティやグッズ販売や音楽配信などで災害支援の枠をどんどん広げています。

ぼくは写真屋として、「出来なかった卒業式に替わるせめてもの想い出作り」や「破れた想い出写真の修復」をしようと思い立ったのですが・・・
0043_2 ・・・もうひとつ・・・

マイルス・デイビス 画集「帝王」を(ぼくの個人ストックから)震災支援のための特別価格で販売します。

簡略化のため、消費税・送料・代引き手数料すべてを含む価格4千円。(収益を全額寄付し、後日このブログ上にお知らせします。)

住所・氏名・電話番号など必要事項をメールでお知らせ下さい。お申し込みはメールのみ、お届けはヤマト運輸「宅急便コレクト」(代引)のみとさせていただきます。

お申し込みメール:whisper.notアットmac.com (アットを@に置き換えてください。)

没後1998年にリットーミュージックから発売された第1版。
A4変形サイズ、104ページ。演奏シーンやポートレイトなど写真も併録、販売時は定価3800円。
現在は絶版、書店では買えません。(amazon の中古価格では¥4,115/2011.3月末) お届けする書籍は新品です。

 音楽シーンに、そして多くのミュージシャンに多大な影響を与え壮絶な生き方でその一生を閉じたジャズの帝王マイルス・デイビス。マイルスほど不思議な力を持った人はいない。彼の目は非常に厳しく、この世の中を正確に見つめている。そのインテリジェンスが常に新しい世界を生み出したのだろう。<日野皓正>

(c)1994. Estate of Miles Davis/Marland Co.,Ltd./ Whisper not Co.,Ltd:Shigeru Uchiyama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大切な写真

寄付や物資の提供、献血、節電・・・技術や知識を持つ人、団体や企業はそれぞれの専門を生かして、様々なかたちで震災支援の輪が広がっています。・・・写真屋に出来る事、ありませんか?
0078_g ・・・ありました!・・・

「傷んだ写真、修復します。」

と言っても、想い出の一杯つまった大事なアルバムを無くしてしまった方が大勢いるんだと思います。残念な気持ち、悔しい気持ちを思うと悲しくなってしまいます。

でも、そんな想い出の記録を何とか取り戻せたひと、傷ついてしまったけれど、どうにか探し出せた人・・・破れてしまった、汚れて折り目がついた、濡れてシワシワになっちゃった写真あったら、修復します・・・もちろん無料です。

破損の程度によってどこまで出来るか分かりませんけど、やってみましょう!
「修復したい写真」と「切手を貼った返送用封筒」、「ご希望メモ」などを郵送して下さい。

注意事項を大まかに説明します、詳しくは直接お問い合わせ下さい。

1)大事な写真ですから必ず(往復とも)書き留め郵便で。写真額や台紙、アルバムに入っているものは写真プリントだけをお送り下さい。郵送中の事故保証はできません。

2)写真サイズは最大「六ツ切」(だいたいA4ぐらい、おひとり3枚まで)まで、元のサイズと同じ大きさの修復プリントを作成します。(元写真より大きくはできません、小さくしたい場合はご指定下さい。)

3)破損の程度により、完全に修復できないかも知れません。(枚数によって)作業時間が予測出来ませんが、およそ3週間ほどでお返し出来るよう頑張ります。

被災地の状況やそこにいる方々の環境が分かりません、このブログを見たり、見て知っても破れた写真のことより先にやるべき事が山積みかも知れません。それどころじゃない!とお怒りの方、お許し下さい。

どれだけニーズがあるのか分かりません、こんな事が災害支援と言えるかどうかわかりません。・・・でも、少し余裕ができたら思い出してください、「写真」と言うかたちの想い出の価値を大切にしたいぼくの気持ちを。

問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。(送付先も)
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-27-22 (株)ウイスパーノット
Tel : 03-3448-1670 mail : whisper.notアットmac.com(アットを@に置き換えて下さい)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

我慢しなくて済むように...

● "whisper"のスタジオ@渋谷区恵比寿に来れる卒業式がなくなった卒業生限定です。
0077 (*Model Release Acquisition)
被災地の惨状を思うと、浮かれてる場合じゃないとお叱りの声が聞こえて来そうです。

でもね、ぼくたちは食料や日用品の買い占めがない平静を取り戻し、ガソリン・スタンドにクルマの行列が出来ない日常に早く帰ることも大事じゃないかと思うよ。

だから笑顔の写真、撮ってあげる事にした。無料ですモチロン

被災地を応援するあなたが、何かひとつだけでも我慢しなくて済むように...

もうあんまり時間ないけどね、卒業式中止でも貸衣装まだ返さないで、美容着付けキャンセルしないで・・・晴れ着で恵比寿にいらっしゃい!

写真はいずれ宝になるから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あきらめなくて済むように...

● "whisper"のスタジオ@渋谷区恵比寿に来れる卒業式がなくなった卒業生限定です。
0076 (*Model Release Acquisition)
寄付や物資の提供、炊き出し、おにぎり、献血、節電・・・さてさて自分に何ができるだろ?・・・写真で何ができるだろ?

多くの学校が卒業式を中止して、謝恩会の費用を義援金にしたと聞いた・・・立派な判断。

でもね、学業に励み全うした節目を学友と一緒に喜び、先生方に感謝を表す機会をなくした卒業生のガッカリ度は大きいと思うんですよ。

今まだ過酷な状況下にいる人達を思うと、卒業式をあきらめ中止の落胆を我慢することぐらいぜんぜん平気でしょ。

だけど、ぼくはこの子達が将来この時を振り返った時に、悲しみと不安の中にあったけれど、充実した日々を送った年でもあった記憶を大切に持っていて欲しいと思ったんだ。

だから笑顔の想い出、撮ってあげる事にした。無料ですモチロン

日本を応援するあなたが、何かひとつだけでもあきらめなくて済むように...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祈る

人間の無力さを思い知る   ・・・ただただ祈る・・・
0075

("whisper"の家族スタッフは大きな被害なく無事です、ありがとうございます。)

追記:首都圏は一部平静を取り戻したかに見えますが、買い溜めや物不足、停電や交通の混乱など新たな問題も・・・

被災地の事態は調査が進むにつれて益々深刻、不安要素も沈静できず今後の影響も計り知れません。

冷静に見守り、適切な行動を心がけましょう。・・・平静な日常が1日も早く戻りますように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浦安の扇

浦安の扇と言ってもネズミの顔を描いたウチワじゃありません。扇子ですが、箸に見立てて蕎麦をすする真似をしたり、相方の頭をはり倒してはいけません。(やるなら、もっと安物の扇子でやりましょう)

神前の結婚式などで巫女さんが"浦安の舞"を舞う時の小道具、檜扇(ひおうぎ)です。平安時代に十二単など宮中で正装の際の持ち物だったそうです。こんなもの見る機会なかなか無いでしょうから、よ〜く見てみましょう。

25枚の薄い檜(ひのき)の板を絹糸で綴り合わせてあります。鮮やかに彩色され、松竹梅や花や蝶、鶴など(写真のは鳳凰)が描かれて、6色の糸で編んだ飾り糸が付けられています。糸で作った松と梅と橘の房(右写真)を付けることもあるようです。
0074a 0074b 祝いの象徴としての檜扇を使う"浦安の舞"前半の扇舞いは、扇の要(かなめ)を中心に開けてゆく"中心帰一"の精神を表現していると言われます。

肝心要(かんじんかなめ)と言いますが、扇は"要"が壊れたらバラバラ。人生の"要"をしっかり守りながら、希望の扇を大きく広げて生きたいものです・・・ (今日はちょっといいこと言いました...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦安の鈴

0073 成田空港は千葉県にあるくせに"東京"を名乗ったことを悔い改め"新東京国際空港"から"成田国際空港"と正式名称を変えました

が、

千葉県浦安市にあるネズミの国は、周辺のホテル群を巻き込んでまったく反省の色が見えず、いまだに平気で"東京×××"を名乗り続けています。

浦安市とはまったく関係なく・・・

神前の婚礼などで奉納される"浦安の舞"、前半は扇舞、後半は鈴を持って舞姫(巫女さん)が優雅に舞う神楽(巫女神楽)

「うら」は心を指す古語、「うらやす」で心中の平穏を表すらしい。

鈴をよく見ると・・・3段の輪に3つ、5つ、7つの鈴、柄の先に5色の長い鈴緒がつけられてますね。

稲穂を模して五穀豊穣を願う意味があり、鈴の音で邪気を払うと考えられているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千木と堅魚木

神社の屋根によくある、斜め上に交差するように突き出した板が「ちぎ」、棟の上に並んだ先のすぼまった丸い木が「かつおぎ」

栃木に昔、大きな神社があって、その屋根に10本の「ちぎ」があった事から「十千木」が地名の由来になったとか
0072a_2 0072b_30072c 栃木市のシンボルは去年まで、その千木と堅魚木を組み合わせた重厚なデザインの立派な市章だった・・・のに・・・市と周辺の町を合併した新生栃木市になって、とても残念斬新なデザインのマーク(サザエの壺焼き?)に変えられちゃった。

デザインを公募して人気投票で決めたと聞いて、栃木市民のデザイン・センスにがっかり。(渡辺貞夫さんは宇都宮市だから大丈夫です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひな様

おや?男雛が左側・・・中国や古い日本のしきたりでは「左」が上座。

皇帝や天皇、殿様とか偉い人は南に向いて座るもの(北面の侍など従者は北向き)とされ、南に向いたときの日の出の方角:東は「左」・・・だから左が上座で、日没の方角:西:右側が下座。

京都では御所を中心にして東に左京、西が右京。右大臣・左大臣では左大臣のほうが偉い。(左京区の住人のほうが右京区の人より優位かどうかは不明/パリはセーヌ川をはさんで右岸・左岸に分けられますが、フランソワーズ・サガンは右岸に住んでいたと言うから話はややこしい・・・←忘れましょ)

ところが・・・
0071 「右に出る」とか「右腕」、「右にならう」など右が優位の表現に対して、「左前」「左遷」など左は劣勢

英語でも"RIGHT"は正しいに通じるし、"LEFT"は残る・去るなどマイナス・イメージ。

国際儀礼的には右上位がほとんどで、昭和天皇の即位の礼で天皇が右、左手側に皇后様が並ばれた事から、「にんぎょ〜の何とかぁ♪」とか「顔が命の何とか」が男雛を右側に置くようになったらしい

今でも京都を中心に関西では、また関東でも伝統を重んじるところでは、男雛を左側に置きます。どちらが正しいとか間違いとかの問題じゃないようです。

| | トラックバック (0)

顔が命

0070 「顔が命」と聞いて連想したレコード・ジャケット

"TUTU/Miles Davis"...写真家アービング・ペンと石岡瑛子のコラボ、何たってモデルが強烈

ジャズ・レコードには顔が命の名盤はたくさんあるけど・・・

ロック系なら"キング・クリムゾン"

恐いです・・・

"フリートウッド・マック"

しびれます、

"フェイセズ/OOH LALA

"笑えます・・・

知らなかった人は検索してみて、恐ろしいレコード達です

いろんな意味で。

顔が命のおひな様、やさしいお顔です。

| | トラックバック (0)

雪洞にぃ~♪

北国の人は"かまくら"かな?と思ってるし、登山家は冬山での野営を連想するかもですが・・・

日本人でも読めない人は大勢いますから、そんなに悲観しなくて大丈夫!
0069 あかりをつけましょ雪洞にぃ~♪

| | トラックバック (0)

春ぁ〜るよ来い♪

0068_2

春を待ちわびる

紅梅白梅と

            おひな様

は〜るよ来い♪

   ・・・早〜やく来い♪

| | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »