« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

建長寺(けんちん汁)

0099 野菜くずまで捨てないで 栄養バランスよく手軽に作れる

 禅寺らしい倹約の健康ベジタリアン食「建長汁」が訛って「けんちん汁」になったらしい…

だから、建長寺がけんちん汁発祥の地と言われる。

修行僧が誤って崩した豆腐を入れたのが始まりだから

 ちぎらずに包丁で切った豆腐を入れたものは、けんちん汁と言わないらしい…

味噌仕立てにして豚肉入れたのが豚汁(トン汁)になったらしい…

四川飯店には「(陳)けんいち汁」があるらしい…

高倉健が作る「健さん汁」は美味かったらしい…

吉野屋のけんちん汁は120円らしい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円覚寺(北鎌倉で降りて♪)

0098 ♪北鎌倉で降りて 歩いてみませんか...
もう落ち葉が肩先に まつわりつきますよ
今日はぼくひとりで 君の形見のこの町
歩いているんです♪

♪長谷観音の前にある 小さな喫茶店
あの頃君が書いた 邪宗門の日記
いつかあなたとふたり私の住むこの町で
一緒に暮らしましょ♪

♪櫻貝を拾っている 由比ヶ浜の君
そんなに はしゃいじゃ 身体に毒さ
帰りはバスで帰ろうか それとも段葛を
歩いて戻ろうか♪

♪極楽寺坂の切り通しに
人ごみを避けて今 君の家へ向かう
約束通り今年も 君の愛したこの町
歩いているんです♪

♪北鎌倉で降りて 歩いてみませんか...

♪北鎌倉で降りて 歩いてみませんか...

1975年頃、フォークソング・ブームのさ中に岡本正が作って歌った曲ですが、(そんなにヒットした曲でもないのに)なぜぼくが覚えてるのか不明です。聴いたことありますか?(YouTubeにあります。)

別れた恋人の町だったらまた行きたいなんて思わないけれど・・・あなたと一緒に鎌倉で暮らしたいと言った恋人を病で失ったんですね ・・・切ない歌です、哀しい歌です。

北鎌倉で降りると、いつも頭の中をこの歌の一節がぐるぐるぐるぐる回ります♪ (写真は、北鎌倉で降りると改札口の目の前にある円覚寺。浴衣のモデルは死んじゃった恋人じゃなく、ぼくの娘とその友達)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉本寺(あとの祭り)

0097 苔むして角がすっかり丸くなった石段・・・草履や下駄でどれだけの人が歩くとこうなるのか・・・気が遠くなるような長い長い時の流れを感じる。

少し前から、ふらっと鎌倉に出かけるようになった。

特別な目的はないから、簡単な地図とカメラ1台だけで、ガイドブックは待たない。

だから寺の歴史やご本尊が何かも知らずに行くわけで、ほとんどの場合見どころポイントを見落としてたりするけど、あとの祭り。

たとえばここ鎌倉最古の寺の見どころは、茅葺きの趣ある本堂・運慶作のご本尊やら地蔵さまとあるけど・・・苔の石段に気を取られたせいでさっぱり覚えていない

でも、余計なものに気をとられないから、何でもないものの色や形、風や光、足下の石ころや花、時にはすり減って角が丸くなった石段にいたく感動したりできる自分流鎌倉散歩術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被災地に行けない?

Volunteer まだまだボランティアが足りない! "PhotoShop"など(画像処理ソフト)を使えるひと、名乗りを上げてください!

【社会貢献学会・東日本大震災支援委員会】が、震災で泥をかぶって傷んだ写真を修復する「あなたの思い出まもり隊」プロジェクトを進めています。

被災地で捜索回収した写真アルバムなどを、泥落とし洗浄しスキャンしたデジタルデータを修正修復したあとプリントしてお返しするボランティア活動。

画像データの修復部分は、被災地に行けないひとでもできる作業です。

スキルに自信がないと不安ですか?・・・大丈夫です、傷み度合いによってはぼくにもとても手に負えそうもない状態のものもありますが、、、回収された写真の中から損傷が軽く、自分の技術で出来そうなものを選ぶことも可能です。

修正の実例をたくさん見ることもできますから、工夫して、努力すれば「いいこと」しながら、画像処理スキルの向上につながるかも知れません。

まずは【震災支援委員会】にコンタクトしてみてください、あなたの善意を待っているひとがまだまだ大勢います。(この情報シェアしていただけると嬉しいです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »