« 「饂飩坂」 港区六本木 | トップページ | そうだ京都、行こう。 »

「つるとんたん」 港区六本木

「つるとんたん」初めて聞いた時、大鶴義丹を連想した(ツルとタンの音だけで)この店は唐十郎とも李麗仙とも関係あらへんて。「つる」はツルツルうどんを食べる音、「とん」はトントンうどんを打つ音、「たん」はタンタンうどんを切る音だとマルシアが言うてた。

「どんぶりに顔浸けんように気ぃ付けてな!」て、この店を最初に教えてくれたのは六本木情報局長のルーシー姉さん。確かに、どんぶりの直径は優にLPレコード、顔洗おうと思たら余裕で洗えるやん。(ちょと熱いけどな。)
120108a
きつね/昆布/若布のおうどん¥680.-(最安)〜鍋焼き/味噌煮込みのおうどん¥1,550.-(単品で最高値) 

選べるトッピングは¥100.〜¥600.- ご飯ものは、おむすび¥250.〜 ランチタイム(15時まで)は各種小ごはんが¥150.〜で付けられる。うどん増量:3玉まで追加料金ナシが腹ぺこちゃんに嬉しいやん。(麺増量しても具は増えんから注意な!)

中太(細麺も選択可)麺はコシはあるがヌルッと丸い感じ、讃岐のコシとちゃうなぁ・・・"きつね"でもないのに、つゆがちょと甘めに感じたのは気のせい(または体調のせい?)

うどん鍋あり会席コースあり、変わりうどんやセットメニューものすごい数、うどん贈答セットも充実してまさにうどんのデパートは、昼11時から翌朝8時まで、年末年始も無休で営業してるし。サービスは男がダークなジャケット&タイ、女性はお着物!さすが六本木でんなぁ・・・

で?、夏木マリ・プロデュースて何でやねん!どこがやねん!・・・要人(芸能人)お忍び用に裏に隠し戸あり、個室あり・・・そこかぁ〜夏木マリ!

|

« 「饂飩坂」 港区六本木 | トップページ | そうだ京都、行こう。 »

うどん」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334398/43669250

この記事へのトラックバック一覧です: 「つるとんたん」 港区六本木:

« 「饂飩坂」 港区六本木 | トップページ | そうだ京都、行こう。 »