« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年8月

赤い靴はいてた女の子

麻布十番を歩くとき、必ずぼくはきみちゃんに会いに行きます。

120826a 赤い靴はいてた女の子は

今、この街に眠っています。

野口雨情の童謡「赤い靴」の詩にはモデルがありました。

その女の子の名前は「きみちゃん」

きみちゃんは赤ちゃんの時、いろいろな事情でアメリカ人宣教師の養女に出されます。

母かよさんはきみちゃんがアメリカに行って幸せに暮らしていると信じて雨情にこのことを話し、この詩が生まれました。

しかし、きみちゃんは病気のためアメリカには行けませんでした。

明治44年9月、当時麻布永坂町、今の十番稲荷神社のあるところにあった孤児院で、ひとり寂しく亡くなったのです。

まだ、9歳でした。

母と子の愛の絆を、この「きみちゃん」の像に託して、今、みなさまの幸せを祈ってやみません。

今日は、麻布十番納涼祭り

| | トラックバック (0)

エッチなラリーちう

ねばたま(納豆釜卵)@東京麺通団
120817a 「かまたま」がセクシーなほどにうまいうどんなら

そこに納豆を加えたこの「ねばたま」はもう

セクシーを超えてエッチな食感だ(笑)とは推薦者勝谷誠彦氏の弁

| | トラックバック (0)

武蔵野うどん巡礼

今日まで某施設に監禁されておりました。
2泊3日の粗食拷問に耐え、お勤めを終えて娑婆に戻りましたが、まだ食事制限やある種の水分補給を禁止されてます。

何とか、うどんだけは解禁され、某施設がたまたま練馬でしたので、帰りにさっそく行って参りました。石神井の「エン座」巡礼でございます。

石神井台の「エン座長谷川」が本店と思われがちですが、元祖「エン座」が石神井公園(ふるさと文化館)に移転したのを機に、それまでそこで修行した長谷川さんが旧店を引き継いだのが「エン座長谷川」です。
120816a 120816b
写真左:エン座長谷川でいただいた「きざみうどん」 写真右:エン座の「もりうどん」、きょうは名物「霙糧(みぞれかて)うどん」が売り切れ(隣接のプール営業時期は売り切れ続出注意!、麺がなくなったら閉店続出注意!) 白い麺の中、緑色の麺は大根の葉、紫色のは紫芋を打ち込んだもの・・・美しいぃ

(注:2店とも「関東UDONスタンプラリー加盟店ツル、スタンプ帳を忘れずに!ツル)

| | トラックバック (0)

うどんスタンプラリーつるッ!

120805a 関東うどんスタンプラリー、スタートつるッ!

(54店中)6ヶ月で40つる、食べ歩こうつるッ!

スタートはここ、JAZZ KEIRIN @下高井戸つるッ!

写真は「黒カレーつる」と「かけつる」・・・美味かったつるッ!

| | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »