« エッチなラリーちう | トップページ | 金谷ホテル・・・今夜はここに泊まるぅ! »

赤い靴はいてた女の子

麻布十番を歩くとき、必ずぼくはきみちゃんに会いに行きます。

120826a 赤い靴はいてた女の子は

今、この街に眠っています。

野口雨情の童謡「赤い靴」の詩にはモデルがありました。

その女の子の名前は「きみちゃん」

きみちゃんは赤ちゃんの時、いろいろな事情でアメリカ人宣教師の養女に出されます。

母かよさんはきみちゃんがアメリカに行って幸せに暮らしていると信じて雨情にこのことを話し、この詩が生まれました。

しかし、きみちゃんは病気のためアメリカには行けませんでした。

明治44年9月、当時麻布永坂町、今の十番稲荷神社のあるところにあった孤児院で、ひとり寂しく亡くなったのです。

まだ、9歳でした。

母と子の愛の絆を、この「きみちゃん」の像に託して、今、みなさまの幸せを祈ってやみません。

今日は、麻布十番納涼祭り

|

« エッチなラリーちう | トップページ | 金谷ホテル・・・今夜はここに泊まるぅ! »

DIARY」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334398/46834358

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い靴はいてた女の子:

« エッチなラリーちう | トップページ | 金谷ホテル・・・今夜はここに泊まるぅ! »